メインメニューを開く
日本大学 > 日本大学通信教育部

日本大学通信教育部(にほんだいがくつうしんきょういくぶ)は、日本大学に置かれている通信教育課程である。略称は日大通信(にちだいつうしん)。

目次

概要編集

文部科学省に認可された正規の大学通信教育課程であり、卒業すると通学課程と同等の学士が授与される。1948年(昭和23年)に開設して以来、3万人を超える卒業生を輩出しており、数多く存在する大学通信教育の中でも特に実績がある。開設されている科目の履修で教員免許司書教諭学芸員の資格[1]が取得できることから、科目等履修生として在籍している学生も多い[2]インターネットを活用したメディア授業もある。

沿革編集

  • 1948年(昭和23年) - 旧制日本大学に通信教育部設置認可。三崎町校舎に開設。
  • 1949年(昭和24年) - 新学制に移行。通信教育部法学部・文学部・経済学部開設。
  • 1957年(昭和32年) - 経済学部商業学科が独立し、商学部商業学科となる。
  • 1958年(昭和33年)
    • 1月 - 文学部が文理学部となる。
  • 2004年(平成16年) - インターネットによるメディア授業を開始する。通信教育部校舎内に総合生涯学習センターを開設(三崎町キャンパス3号館内)。
  • 2014年(平成26年)
    • 9月 - 通信教育部・総合生涯学習センターともに三崎町キャンパスから日本大学会館の隣接地(市ヶ谷キャンパス)に新築移転。

学部・学科編集

 
旧通信教育部1号館

所在地編集

関係者編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集