日本学術協力財団

元内閣府所管の公益法人。学術研究に関する事業として調査、資料の収集整備、情報提供を行う。

公益財団法人日本学術協力財団(にほんがくじゅつきょうりょくざいだん)は、学術研究に関する調査、資料の収集整備、情報提供に関する事業などを実施している公益法人。元内閣府所管[2]

公益財団法人日本学術協力財団
Japan Science Support Foudation
団体種類 公益財団法人 (2013年(平成25年)4月1日)
設立 1986年(昭和61年)10月17日 (財団法人)
所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂4-9-3 赤坂吉田ビル3F[1]
北緯35度40分31.7秒 東経139度43分58.8秒 / 北緯35.675472度 東経139.733000度 / 35.675472; 139.733000座標: 北緯35度40分31.7秒 東経139度43分58.8秒 / 北緯35.675472度 東経139.733000度 / 35.675472; 139.733000
法人番号 6010405000927 ウィキデータを編集
主要人物 歴代会長(理事長)
和達清夫 (※理事長・昭和61年10月~平成5年3月)
久保亮五 (平成6年7月~平成7年3月)
名取禮二 (平成7年6月~平成17年3月)
近藤次郎 (平成17年4月~平成19年3月)
伊藤正男 (平成19年4月~平成21年3月)
吉川弘之 (平成21年4月~現在)[1]
主眼 日本の科学の発展と国民の科学に対する意識の向上を目指し、我が国の科学の国際的地位の確立に協力すること[2]
活動内容 学術に関する調査と情報発信、科学に関する知識の普及・啓発、内外の学術関係者の連携の推進等
活動手段 出版事業:月刊『学術の動向』、『学術会議叢書』の発行。
連携、支援、データベース事業:学術の連携推進、学協会への事務支援、データベース『学会名鑑』Web版の運営
収入 2019年度 収支予算[3][4]
支出 2017(平成29)年度 決算書[4]
基本財産 2019年度 事業計画[5][6]
ウェブサイト www.jssf86.org
寄附金取扱規則賛助会員に関する規則「国と特に密接な関係がある」特例民法法人への該当性について
テンプレートを表示

概要編集

日本の科学者の活動に広く協力することを目的として1986年10月17日に設立された。設立当初から財団法人の会員は日本学術会議会員が中心で、また学術団体と政府機関が参加する。趣旨のひとつに国民の科学に対する意識を高めることを含み[7]、また学術の発展に基づき増大する科学の社会貢献に注目している。

日本の科学者が国際社会で担う役割の補強については、加盟学会や協会の会員を冊子『学会名鑑』出版事業 (3年ごと更新) に掲載。科学技術振興機構日本学術会議[8]との連携から、2011年7月29日には冊子版名簿をウェブ版に公開し、ReaDJ-STAGEとのデータ連携によって、研究者の論文など情報検索の利便性を高め、また調査結果を年度ごとに反映している (例:平成30年度分更新は2019年3月4日に実施)[9]

公益財団法人に移行した2013年(平成25年)4月1日より法人格の活動拡充に取り組み、情報発信を増やした[1]

改組編集

2016年以降、改組により旧公式サイトから独自ドメインに変更されている[10][11]。合わせて学会誌『学術の動向』は2017年4月号より『学術の動向――科学と社会をつなぐ』に改称、編集委員は日本学術会議の第24期発足 (2017年10月) を期に交替し、編集委員名簿は直近で2018年11月22日に更新された[注釈 1]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2016年7月に発表された『学術の動向』の編集委員 (50音順・肩書きは当時)。日本学術会議の第24期発足 (2017年10月) を受けて交替する。新編集委員を「※」印で示す[12]

出典編集

  1. ^ a b c 財団概要”. 公益財団法人日本学術協力財団. 2019年4月1日閲覧。
  2. ^ a b 定款
  3. ^ 2019年度 収支予算. 日本学術協力財団. http://www.jssf86.org/2019budget1.pdf 2019年4月1日閲覧。. 
  4. ^ a b 2017(平成29)年度 決算書. 日本学術協力財団. http://www.jssf86.org/2017accounts.pdf 2019年4月1日閲覧。. 
  5. ^ 2019年度 事業計画. 日本学術協力財団. http://www.jssf86.org/2019PLAN.pdf 2019年4月1日閲覧。. 
  6. ^ 2017(平成29)年度 事業報告. 日本学術協力財団. http://www.jssf86.org/2017report.pdf 2019年4月1日閲覧。. 
  7. ^ インタビュー 日本学術会議 会長 金澤一郎 氏「社会の期待にこたえるアカデミーに」” (日本語). SciencePortal. 2019年4月5日閲覧。
  8. ^ 〔資料1〕日本学術会議 第171回総会資料(第23期第4回). 日本学術会議. (2016年4月14日). p. 21 
  9. ^ 学協会データベース—『学会名鑑』Web版”. 公益財団法人日本学術協力財団. 2019年4月1日閲覧。
  10. ^ 過去のお知らせ > サイトをリニューアルオープンいたしました。”. 日本学術協力財団 (2016年7月4日). 2019年4月4日閲覧。
  11. ^ 日本学術協力財団”. 国立国会図書館インターネット資料収集保存事業. 2019年4月4日閲覧。 国立国会図書館書誌ID : 000000023666
  12. ^ 過去のお知らせ > 学術の動向―新しい『学術の動向』編集委員会”. 日本学術協力財団 (2016年7月11日). 2018年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月4日閲覧。

外部リンク編集