メインメニューを開く

日本宗教学会(にほんしゅうきょうがっかい、英語:Japanese Association for Religious Studies[1])は1930年に設立された日本の哲学系の学会[2][1]日本哲学系諸学会連合を構成する[3]日本の大規模な哲学系6学会の1つ[4]で、会員は1600人以上とされる[1]日本宗教研究諸学会連合の運営委員を選出する5学会の1つ[5]日本学術会議協力学術研究団体のひとつ[6]International Association for the History of Religions (IAHR) 会員[7]。東京都文京区に事務局を置く[8]

目次

設立編集

日本宗教学会は1930年に設立された[9]。1905年の東京大学をはじめとして諸大学に宗教学講座が設置されてきていた動向[9]仏教系・キリスト教系・神道系の私立諸大学の認可[10]、またそれに応じた日本の宗教学者の増加[10]などが学会設立の背景にあった[10]磯前順一によれば、当時の日本共産党反宗教闘争に対抗する流れのなかで日本宗教学会が設立されたという[9]。林淳によれば、当時の日本政府は宗教学が社会主義運動を抑止すると期待していた面がある[10]

事業編集

1948年に日本宗教学会は九学会連合(当時は八学会連合)に加わり[11]、その枠組みの中で日本各地の宗教の社会学的調査を実施した[12]

日本宗教学会が1952年に設置を決めた「宗教と教育に関する委員会」、1955年に設置した「教育教養委員会」(後に「宗教と教育に関する委員会」に合流)を通じて宗教教育に関する政治活動や調査が行われた[13]。「宗教と教育に関する委員会」が行ったデータ収集等を井上順孝が日本の宗教教育研究における「一つの大きな足場」と評した[14]

年1回大会を開く[15]

刊行物編集

宗教研究会の機関紙だった『宗教研究』を1937年に日本宗教学会が引き継ぎ、以後発行している[16][17]。2011年に Religious Studies in Japan [18]が刊行開始された。

不祥事編集

2006年に会員2073人の個人情報がWinnyに流出した[19]。2013年に参加申し込みフォームの設定ミスで24名分の個人情報が漏洩した[20]

出典編集

  1. ^ a b c 機関詳細 : 学会名鑑 2016/02/25
  2. ^ 宗教学講座創設25周年記念文献展覧会・日本宗教学会第1回大会於東京大学(1930年) 東京大学宗教学研究室
  3. ^ 日本学術会議ニューズレター第 23 期第 2 号 2015 年 3 月号
  4. ^ 渡邊二郎 転換期における人間 学術の動向Vol. 4 (1999) No. 9
  5. ^ 参加学会リスト | 日本宗教研究諸学会連合
  6. ^ http://www.scj.go.jp/ja/info/link/link_touroku_na.html
  7. ^ http://www.iahr.dk/members.php#jp
  8. ^ http://jpars.org/announcements/contact
  9. ^ a b c 磯前順一 <日本の宗教学>再考 ―「宗教」という経験― 「日本宗教から一神教への提言」研究会 2007年度
  10. ^ a b c d 戦後における東大系宗教学の軌跡 : 「来るべき宗教学」の予言がはずれたとき
  11. ^ 坂野徹「九学会連合の共同調査と「国土」」『産業経営プロジェクト報告書』35-2号(2012年)「産業振興と地域社会」
  12. ^ 井上順孝『宗教社会学のすすめ』2002年 p.199
  13. ^ 齋藤知明「近代日本の宗教教育論の諸相 ―明治中期を中心に―」2014年、p11
  14. ^ グローバル化・情報化時代における宗教教育の新しい認知フレーム(<特集>宗教の教育と伝承)
  15. ^ Satoshi Nakazato, "Japan: Varied Images through Western Waves" Kierkegaard's International Reception: The Near East, Asia, Australia and the Americas, 2008 ISBN 0754664023[1]
  16. ^ 西村明 アジア・太平洋戦争と日本の宗教研究 学史からのアプローチ 国立歴史民俗博物館研究報告 147, 65-76, 2008-12
  17. ^ CiNii 雑誌 - 宗教研究「注記」
  18. ^ http://jpars.org/online/
  19. ^ 「宗教学会員情報、ウィニーで流出」日本経済新聞 2006年5月18日43ページ
  20. ^ 学術大会に申し込んだ参加者の個人情報、フォームから閲覧可能な状態に(日本宗教学会) 2013年5月15日(水) 17時48分 ScanNetSecurity

関連文献編集

  • 『日本宗教学会五十年史』1980年[2]

外部リンク編集