メインメニューを開く

一般社団法人 日本家族計画協会(にほんかぞくけいかくきょうかい、英文名称:Japan Family Planning Association、略称:JFPA)は、日本産婦人科関連の事業者・個人で構成されている業界団体避妊不妊性教育性感染症(STD)・性暴力児童虐待に関するセミナー、刊行物、教材配布などの事業を行っている。以前は厚生労働省所管の社団法人であったが、公益法人制度改革に伴い一般社団法人へ移行した。

概要編集

行政と協力し、専門家・学会の指導を受けて、家族計画、母子保健をはじめとした「生涯を通じた性と生殖に関する健康サービスを受けられる社会の実現」を目標に1954年に設立された元厚生労働省認可社団法人[1]。事務局を東京都新宿区市谷田町1-10 保健会館新館内に置いている。毎年若者による性感染症予防・避妊法などをテーマにしたコンドームのパッケージデザインを募集している。最優秀賞に輝いた作品は、全国の学校て思春期教育や各種イベントや送料負担などで性教育指導用コンドームを無償配布し、性感染症や望まない妊娠を予防のためにコンドーム知識の普及・啓発を行っている[2][3]

事業編集

機関誌編集

  • 『家族と健康』

脚注編集

  1. ^ a b JFPAについて日本家族計画協会
  2. ^ [1]U-COMコンドームデザインコンテスト 2018
  3. ^ [2]性教育指導用コンドーム(無料)

関連項目編集

外部リンク編集