日本建設業連合会

一般社団法人日本建設業連合会(にほんけんせつぎょうれんごうかい)は、総合建設業者で構成される業界団体。略称は日建連、英文名は Japan Federation of Construction Contractors 。元国土交通省所管。現会長は、大成建設出身の山内隆司である。

沿革編集

  • 1949年 - 社団法人日本土木工業協会設立
  • 1957年 - 社団法人建築業協会設立
  • 1967年 - 社団法人日本建設業団体連合会(旧・日建連)設立
  • 2011年4月1日 - 上記3団体が合併、社団法人日本建設業連合会(新・日建連)発足。[1]
  • 2013年4月1日 - 一般社団法人に移行

歴代会長編集

1986年、石川六郎:鹿島建設会長

1987年、佐古一:大成建設会長

1991年、吉野照蔵:清水建設会長

1993年、前田顯治:前田建設工業社長

2001年、平島治:大成建設社長

2006年、梅田貞夫:鹿島建設会長

2009年、野村哲也:清水建設社長(新・日建連1代目)*2011年に3団体統合。

2014年、中村満義:鹿島建設社長(新・日建連2代目)

2017年、山内隆司:大成建設会長(新・日建連3代目)

会員編集

団体会員編集

法人会員編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集