日本情報地質学会

日本情報地質学会(にほんじょうほうちしつがっかい、: Japan Society of Geoinformatics、略称: JSGI)は、情報科学的な手法を地球科学に応用して地球科学を革新しようとする地質学関係者、地球物理学地理学土木工学環境科学など広く地球に関わる約700名から成る学術団体[1]1990年発足。

日本情報地質学会
略称 JSGI
設立 1990年
本部 日本の旗 日本 大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138
会長 西脇二一
ウェブサイト www.jsgi.org ウィキデータを編集
テンプレートを表示

初代会長弘原海清(前特定非営利活動法人大気イオン地震予測研究会e-PISCO理事長)、現会長は西脇二一奈良大学社会学部現代社会学科教授)。

事務局大阪市住吉区杉本3-3-138大阪市立大学大学院理学研究科地球学教室内に置いている。

出版物編集

表彰編集

  • 学会功労賞
  • 論文賞
  • 奨励賞

協力学会編集

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 弘原海清情報地質学の歩みと展望 (PDF) 」 『情報地質』第1巻第1号、日本情報地質学会、1990年、 25-29頁、 ISSN 1347-541X
  • 弘原海清「日本情報地質学会の創立に際して (PDF) 」 『情報地質』第1巻第1号、日本情報地質学会、1990年、 1頁、 ISSN 1347-541X
  • 弘原海清「地質学における情報化の動きと教育 (PDF) 」 『土と基礎』第35巻第8号、社団法人地盤工学会、1987年8月、 1-4頁、 ISSN 0041-3798
  • 弘原海 清:情報地質学の現状と将来. 情報地質 = Geological data processing (11), 1-6(1986)

関連項目編集

外部リンク編集