メインメニューを開く

日本惑星協会 (にほんわくせいきょうかい) は、1999年に設立された、太陽系を中心とする宇宙開発の啓蒙活動を目的とする市民団体。2011年7月に解散したが、2015年7月に活動を再開した。

日本惑星協会
団体種類 非営利社団法人 (2016年予定)
設立 1999年9月
2015年7月再開
所在地 日本の旗 日本
主要人物 水谷仁井本昭的川泰宣吉川真
活動地域 日本の旗 日本
主眼 宇宙探査の啓蒙
地球外生命の探査
ウェブサイト http://planetary.jp/
解散 2011年7月
テンプレートを表示

活動目的編集

以下の活動目的を掲げている[1]

  1. 宇宙開発に関する社会教育の推進を図る活動
  2. 宇宙規模の視点で地球環境の保全を図る活動
  3. 宇宙の平和利用に関する国際協力の活動
  4. 太陽系探査推進を主是とし、宇宙機関への働きかけを図る活動
  5. 以上の活動を行う個人及び団体の運営又は活動に関する連絡助言又は援助の活動

沿革編集

設立から解散まで編集

惑星協会の活動主旨に賛同して、1999年9月に特定NPO法人として日本惑星協会が設立された[1]

日本の小惑星探査機「はやぶさ」ミッションでは、はやぶさのターゲットマーカーに名前を乗せる「星の王子さまに会いに行きませんか」キャンペーンを行い、約88万人の応募を集めた[2]

太陽系を中心とする宇宙開発の啓蒙活動に取り組んできたが、関係者の高齢化が進み、2011年7月20日に最後のメールマガジンを配信して解散した[2]。解散時の会員は約350人、メールマガジンの読者は約1万人に達していた[2]

2011年解散時の理事長は水谷仁JAXA名誉教授、『ニュートン』編集長)。富士ゼロックス株式会社、株式会社博報堂三菱電機株式会社、小川モータ株式会社(自動車修理販売業)などが賛助会員であった。

活動再開編集

2015年7月、4年ぶりに活動を再開することが発表され[3]、同年7月21日に活動再開を宣言した[4]

活動再開に当たっての新体制では、水谷仁を会長、井本昭を推進事務局の事務長に据え、新たに外部から協会の活動に助言・提言を行う「アドバイザリーカウンシル」を設ける[1]

脚注編集

外部リンク編集