メインメニューを開く

公益社団法人日本放射線技師会(こうえきざいだんほうじん にほんほうしゃせんぎしかい)は、診療放射線技師によって構成される公益社団法人1947年(昭和22年)に設立され、法人の設立は1951年(昭和26年)である。放射線療法に関する啓蒙、啓発活動や診療放射線技師の利益を守るための社会的活動などを行っている。診療放射線技師は強制的に加盟する必要はない。

所在地編集

  • 本部所在地 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル31階

入会資格編集

会員数編集

  • 約31,500人(平成18年1月現在)

政界との関係編集

2013年参院選2016年参院選において自由民主党の候補者として畦元将吾を擁立[1]、日本放射線技師連盟の会合で会員に自民党への支持を要請[2][3]安倍晋三首相[4]田村憲久厚生労働相[5]石破茂自民党幹事長[6]等から推薦を受けたが落選した[7]。その後畦元は2017年衆院選比例中国ブロックに名簿搭載されたが次点で落選した。2019年7月11日、三浦靖2019年参院選出馬に伴う議員辞職により繰り上げ当選し畦元は衆議院議員となった[8]

脚注編集

関連項目編集

リンク編集