日本文徳天皇実録

日本文徳天皇実録』(にほんもんとくてんのうじつろく)は、平安時代の日本で編纂された歴史書。六国史の第五にあたり、文徳天皇の代である嘉祥3年(850年)から天安2年(858年)までの8年間を扱う。略して文徳実録ともいう。編年体漢文、全10巻。

編纂編集

序文によれば、本書の編纂は清和天皇貞観13年(871年)、藤原基経南淵年名都良香大江音人らに編纂を命じた。年名と音人(共に877年没)の死後、元慶2年(878年)に菅原是善を加え、基経・良香との3人で翌元慶3年(879年)に完成成立させた。

なお『菅家文章』によれば、菅原是善の子道真が父に代わって序文を執筆したとされている。

書名編集

日本のそれまでの正史は、いずれも「紀」と命名されていた。日本が範とした中国においては、正史はある王朝が倒れた後に、新たな王朝が前代の王朝の歴史をまとめるという形で作られている。これに対して実録とはもともとある皇帝一代ごとに、その事蹟を書き記したものであった。日本の正史は、『日本書紀』はともかく、『続日本紀』以降は「むしろ一つの王朝の歴代の君主の統治記録としての性格」[1]を持っていた。こうした流れをくむ文徳実録が「実録」という書名を採用したことは、日本の史書が中国の実録を模していったことの表れであるとされる。

内容編集

六国史中、最も期間が短い。政治関係が少なく、下級貴族の人物伝が多いのが特徴という、これは従前の国史が官人の卒伝を四位までとしたのに比し五位にまで拡大していることによる。「弘仁文化」から「貞観文化」への過渡期を詳述し六国史の中ではもっとも人間臭い伝記を収めている。

848年(嘉承元年)の記録には、洪水で河陽橋(山崎橋)、宇治橋茨田堤の被害が記されており、災害史や交通史を紐解く手がかりとなっている[2]

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 笹山(1989)
  2. ^ 安田政彦『災害復興の日本史』p29 吉川弘文館 2013年2月1日発行 全国書誌番号:22196456

外部リンク編集