日本映画大学

日本の神奈川県川崎市麻生区に本部を置く私立大学

日本映画大学(にほんえいがだいがく、英語: Japan Institute of the Moving Image)は、神奈川県川崎市麻生区万福寺一丁目16-30に本部を置く日本私立大学である。2011年に設置された。

日本映画大学
日本映画大学白山キャンパス
大学設置 2011年
創立 1975年
学校種別 私立
設置者 学校法人神奈川映像学園
本部所在地 神奈川県川崎市麻生区万福寺一丁目16-30
キャンパス 新百合ヶ丘(川崎市麻生区)
白山(川崎市麻生区)
学部 映画学部
ウェブサイト https://www.eiga.ac.jp/index.html
テンプレートを表示
今村昌平記念スタジオ(外観)
今村昌平記念スタジオ(内観)

概観編集

映画監督今村昌平が設立した日本映画学校を発展改組する形で2011年に開学した。日本では初となる映画学部のみの単科大学である。

理念には、今村昌平が遺した言葉が使用されている[1]

前身の日本映画学校時代から映画監督脚本家俳優を始めとした映画スタッフを数多く輩出している。映画学校時代の特徴的なカリキュラムとして、3年制である映像科では理念を反映させた「人間研究」という科目を1年次に配し、2年制である俳優科はカリキュラムに「漫才」が取り入れられていたことが挙げられる。漫才の講師は内海桂子好江が担当していたことから、お笑いタレントも数多く輩出している(内海桂子・好江が所属しているマセキ芸能社に所属する人が多い)。

太平洋戦争中に存在した日本映画学校とは全く関係がない。

沿革編集

  • 1975年(昭和50年)4月 - 今村昌平が横浜駅東口のスカイビル(初代)内に、横浜放送映画専門学院(2年制・各種学校)を開校[2]
  • 1984年(昭和59年)4月 - 留学生の募集を開始。
  • 1985年(昭和60年)11月 - 学校法人神奈川映像学園設立。横浜放送映画専門学院を日本映画学校(3年制・専門学校)に改称・改組(神奈川県知事より認可)。
  • 1986年(昭和61年)4月 - 川崎市小田急電鉄、映画各社等の協力により、川崎市麻生区新百合ヶ丘駅北口へ移転。今村昌平が学校法人神奈川映像学園理事長・日本映画学校校長となる。映像科・俳優科を設置。
  • 1992年(平成4年)4月 - 日本映画学校校長に石堂淑朗が就任。
  • 1996年(平成8年)4月 - 日本映画学校校長に佐藤忠男が就任。
  • 2004年(平成16年)11月 - 学校法人神奈川映像学園理事長に佐藤忠男が就任(日本映画学校校長と兼任となる)。
  • 2007年(平成19年)10月 - 学校法人神奈川映像学園理事長に佐々木史朗が就任。
  • 2010年(平成22年)10月 - 文部科学省より日本映画大学設置認可。
  • 2011年(平成23年)4月 - 日本映画大学が発足。日本映画学校は新入生の受け入れを停止(映画学部映画学科)。
  • 2012年(平成24年)3月 - 日本映画学校 俳優科を廃止。
  • 2013年(平成25年)3月 - 日本映画学校 映像科を廃止し、日本映画学校は閉校。

基礎データ編集

所在地編集

節内の全座標を示した地図 - OSM
節内の全座標を出力 - KML
  • 新百合ヶ丘キャンパス(神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30 元日本映画学校校舎、位置
  • 白山キャンパス(神奈川県川崎市麻生区白山2-1-1 映画撮影スタジオ・元川崎市立白山小学校校舎、位置

教育および研究編集

学部編集

  • 映画学部
    • 映画学科(以下2018年度からの新カリキュラムに基づく「系」と「コース」)
      • 演出系
        • 演出コース
        • 身体表現・俳優コース
        • ドキュメンタリーコース
      • 技術系
        • 撮影照明コース
        • 録音コース
        • 編集コース
      • 文章系
        • 脚本コース
        • 文芸コース
かつての組織
  • 映画学部
    • 映画学科(特記のない限り、開学時からのカリキュラムに基づいた「系」と「コース」)
      • 創作系
        • 脚本演出コース
        • 撮影照明コース
        • 録音コース
        • 編集コース
        • ドキュメンタリーコース
      • 理論系
        • 理論系Aコース(2011年度入学者)
        • 理論系Bコース(2011年度入学者)
        • 理論コース(2012年度入学者。上記の2コースを統合した)
        • 映画・映像文化コース(2013年度入学者より受け入れ)
        • 身体表現・俳優コース(2016年度入学生より受け入れ/開設前は「身体表現(俳優)コース」と告知された)

なお、日本映画大学では、2年次前半までは全員同一のカリキュラムとなり、以降は6コースに分かれて履修する。

日本映画学校時代編集

  • 映像科(3年制)
    2年次より下記のコースに分かれていた。また、他コースとの合同授業やゼミナール形式で開講される科目もあった。
    • 映画演出コース
    • 脚本演出コース
    • 映像ジャーナルコース
    • 撮影・照明コース
    • 映像編集コース
    • 音響クリエイターコース
  • 俳優科(2年制)

関係者一覧編集

教職員編集

学長編集

  • 佐藤忠男(初代学長を経て名誉学長)
  • 天願大介(初代学科長、2代学部長を経て2代学長)

学科長編集

教授編集

 ※50音順

准教授編集

 ※50音順

特任・客員教授編集

卒業生編集

日本映画学校時代編集

教職員編集

卒業生編集

横浜スカイビルに所在していた時(横浜放送映画専門学院)の卒業生は横浜○期、日本映画学校の卒業生は映画学校○期と呼称している。

監督・演出編集
脚本家・作家編集
プロデューサー編集
撮影・照明編集
録音・音響編集
編集編集
スクリプター編集
美術・大道具・塗装編集
VFX編集
  • 松本肇(ビジュアルエフェクト スーパーバイザー)
俳優編集
お笑いタレント編集
その他編集

劇場公開された卒業制作作品編集

日本映画学校時代編集

関係機関等編集

麻生区6大学公学協働ネットワーク編集

学術交流協定締結校編集

包括的連携協定編集

  • 昭和音楽大学

地方自治体等編集

  • 一般社団法人白山まちづくり協議会

関連項目編集

外部リンク編集

学校法人神奈川映像学園

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本映画大学・建学の理念と精神
  2. ^ ウンナン、出川、ニッチェ…日本映画学校からお笑い芸人が多数出た理由とは?”. リアルライブ (2019年11月16日). 2021年5月26日閲覧。
  3. ^ 「日本映画学校OB牧場」今村ワールドの仲間たち”. 株式会社シネマネストJAPAN 【第14回・平田弘次】. 2014年4月30日閲覧。

関連項目編集

公式サイト編集

座標: 北緯35度36分18.0秒 東経139度30分27.1秒 / 北緯35.605000度 東経139.507528度 / 35.605000; 139.507528 (日本映画大学)