日本映画専門チャンネル

日本の邦画専門チャンネルのひとつ

日本映画専門チャンネル(にほんえいがせんもんチャンネル)は、日本映画放送株式会社が運営する専門チャンネルのひとつ。日本映画を編成の中心に、過去に地上波等で放送されたドラマの再放送も行っている。

日本映画専門チャンネル
基本情報
運営(番組供給)事業者 日本映画放送株式会社
放送(配信)開始 1998年7月1日
HD放送(配信)開始 2007年9月1日
ジャンル 映画
放送内容 日本映画(主に東宝フジテレビ角川書店制作作品)
視聴可能世帯数 778万434世帯(2018年11月末時点)[1]
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 日本映画放送株式会社
チャンネル番号 Ch.BS255(HD)
リモコンキーID (21)
物理チャンネル BS-21
放送開始 2003年11月1日
HD放送開始 2007年9月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.634(HD)
放送開始 2008年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 日本映画衛星放送株式会社
チャンネル番号 Ch.707
放送開始 1998年7月1日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 260(HD)
eo光テレビ 834(HD)
J:COM 501(HD)
その他 auひかり
公式サイト
特記事項:
2002年7月1日に東経110度CS放送にて、シーエス映画放送が2003年10月31日まで「日本映画+時代劇チャンネル」(時代劇専門チャンネルとの混合編成)で放送。2007年9月1日マルチチャンネルエンターテイメント(現・スカパー・エンターテイメント)による東経110度CSデジタル放送「日本映画専門チャンネルHD」、2012年3月1日に日本映画衛星放送によるBSデジタル放送「BS日本映画専門チャンネル」と、放送事業者・チャンネル名が変遷。
テンプレートを表示

概要編集

株主であるフジテレビ東宝角川映画(旧大映を含む)制作の映画が中心に放送されている。また、このチャンネル独占放送など、独自の企画も多い。かつては松竹系の衛星劇場との共同企画もあった。これは東宝・大映・松竹がともにフジテレビの設立に関わっていることから実現した。しかし2007年9月のHD化を境にこの共同企画は行われなくなった。

日曜22時(2007年9月より、それ以前は21時)からは、フジテレビアナウンサーの軽部真一笠井信輔がナビゲートする「日曜邦画劇場」が放送されている。また、映画情報番組「シネマホリックプラス」には、同じくフジテレビアナウンサーの塩原恒夫が新作映画出演者インタビュアーとして出演している。

e2 by スカパー!(のちのスカパー!e2、現・スカパー!)では2007年9月1日よりハイビジョンチャンネル化された。これに伴い、チャンネル名を「日本映画専門チャンネルHD」(にほんえいがせんもんチャンネルエイチディー)へと変更。同時に委託放送事業者(現・衛星基幹放送事業者)が従来のシーエス映画放送からマルチチャンネルエンターテイメント(現・スカパー・エンターテイメント)へと変更。さらに2012年3月1日より、東経110度CS放送からBSデジタル放送に変更されたことに伴い、チャンネル名を「BS日本映画専門チャンネル」(ビーエスにほんえいがせんもんチャンネル)、衛星基幹放送事業者も 日本映画衛星放送(現・日本映画放送)株式会社に変更。2018年4月1日より、チャンネル名が「BS」を抜いた「日本映画専門チャンネル」に変更。

近年では「日本映画」と名付けている物のテレビドラマの放映、テーマによっては洋画を取り上げる等多様な構成をしている。

沿革編集

  • 1998年7月 - スカイエンターテイメント株式会社(現・ジェイ・スポーツ)によりスカイパーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス(標準画質))にて放送開始。
  • 2000年4月 - 日本映画衛星放送(現・日本映画放送)株式会社に業務を承継。
  • 2002年7月 - スカイパーフェクTV!2(当時)にて「日本映画+時代劇チャンネル」放送開始(時代劇専門チャンネルとの混合編成)。
  • 2003年11月 - スカイパーフェクTV!110(当時)で時代劇専門チャンネルが放送開始したのに伴い、「日本映画+時代劇チャンネル」も「日本映画専門チャンネル」にチャンネル名変更。
  • 2007年9月 - e2 by スカパー!でチャンネル名を「日本映画専門チャンネルHD」と変更。ハイビジョン放送開始。
  • 2008年
  • 2012年3月 - スカパー!e2での放送をスカパー・エンターテイメントの東経110度CSデジタル放送から日本映画衛星放送(現・日本映画放送)のBSデジタル放送に変更、「BS日本映画専門チャンネル」放送開始。これと同時に字幕放送を開始。ほとんどの作品で字幕付きで放送を行う。
  • 2013年6月 - スカパー!プレミアムサービス光にて標準画質放送を終了。
  • 2014年5月 - スカパー!プレミアムサービスにて標準画質放送を終了し、ハイビジョン放送に完全移行した。
  • 2015年7月 - 「倉本聰劇場」「山田太一劇場」を放送開始。以後テレビドラマ作品の放送が増加した。
  • 2016年12月1日 - スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者が、スカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更。
  • 2018年
    • 4月1日 - BSデジタルの「BS日本映画専門チャンネル」が「日本映画専門チャンネル」にチャンネル名を変更。
    • 12月1日 - 新4K8K衛星放送の有料4Kチャンネルとして、日本映画専門チャンネルと時代劇専門チャンネルの番組を4K画質で放送するチャンネル「日本映画 + 時代劇 4K」を開局。
  • 2020年12月24日、同局、BSデジタル放送(スカパー!)に、割り当ている、スロットが、16スロット→12スロットに、縮減。
  • 2021年4月13日、同局、BSデジタル放送の、物理チャンネルを、BS 23ch→21chに、トランスポンダを、移動。

放送時間編集

原則として7時を1日の基点とする24時間放送であるが、早朝(4時~6時台)に始まる作品の終了後は午前7時の基点までの間はフィラーとして番組ガイドなどを送っている(そのため、1時間以上もフィラーとなる場合も日によって生じる)。なお日によって深夜~早朝のメンテナンスによる停波がある。

チャンネル番号編集

現在放送中のチャンネル編集

  • 東経124・128度CSデジタル放送
    • スカパー!プレミアムサービス Ch.HD634(チャンネル名称「日本映画専門チャンネル」、ハイビジョン放送、字幕放送、2008年10月1日放送開始)
  • BSデジタル放送
    局番号[2]25[3]
    • スカパー! Ch.BS255(チャンネル名称「日本映画専門チャンネル」、ハイビジョン放送、字幕放送、2012年3月1日に東経110度CS放送のCh.239「日本映画専門チャンネルHD」から移行、リモコンキーID(非公式)「21」)

それぞれチャンネル名称が異なるが、番組の送出方法の違いのみで番組内容は全く同じである。

過去に放送されていたチャンネル編集

  • 東経110度CSデジタル放送
    • スカイパーフェクTV!2→スカイパーフェクTV!110→e2 by スカパー! Ch.220
      • チャンネル名称:「日本映画+時代劇チャンネル」(2002年2月~2003年10月)→「日本映画専門チャンネル」(2003年11月~2007年8月)
      • 4:3SD放送、2007年8月31日放送終了
  • 東経124度・128度CSデジタル放送
    • スカパー!プレミアムサービス(標準画質) Ch.SD707
      • チャンネル名称「日本映画専門チャンネル
      • 4:3SD放送、2014年5月31日で放送終了し、ハイビジョン放送に完全移行した。

日本映画専門チャンネルガイド編集

2006年1月号より増刊され続け2014年4月号で創刊100号を迎えたが2014年8月より新規及び年間更新手続きを停止し、2015年3月号をもって休刊。

日映シネマガ編集

「日本映画専門チャンネルガイド」の後継として2015年3月から2018年6月まで配信された無料のウェブマガジン[4]iOS/Androidアプリも存在した[5]

日映シネマガ連載コンテンツ編集

  • 「日映Movie Walker」
  • 「新世紀“花”図鑑 萌芽女優(ほうがじょゆう)」
  • 「Mo’fab The Movie!! 偏愛映画放談」
  • 「快楽亭ブラックの新・黒色映画図鑑」
  • 「邦画三番勝負」
  • 「妄想100%! 映画ポスター作っちゃいました。」
  • 「映画祭へ行こう!」
  • 「一字入魂!」

脚注編集

  1. ^ 日本映画専門チャンネル - 衛星テレビ広告協議会
  2. ^ 論理チャンネルの上2桁で、放送事業者とサービスを表す。
  3. ^ 局番号「25」は、250・251chが釣りビジョン、252・253chがWOWOWプラス、254・255chが日本映画放送、256 - 259chがBSディズニーに割り当てられた。
  4. ^ 日映シネマガ サービス終了のお知らせ”. 日本映画放送株式会社. 2020年12月30日閲覧。
  5. ^ 「日映シネマガ」iOS/Androidアプリ開発”. クラスメソッド株式会社. 2020年12月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集