日本映画放送

日本の衛星基幹放送事業者

日本映画放送株式会社(にほんえいがほうそう)は、東京都千代田区に本社をおく衛星基幹放送事業者および映画テレビドラマ制作会社である。

日本映画放送株式会社
Nihon Eiga Broadcasting Corp.
日本映画放送が入居する東京宝塚ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 NEBC
本社所在地 日本の旗 日本
100-8450
東京都千代田区有楽町一丁目1番3号
東京宝塚ビル15階
設立 2000年2月9日
業種 情報・通信業
法人番号 5010401043138 ウィキデータを編集
事業内容 放送法に基づく衛星基幹放送
日本映画専門チャンネル、時代劇専門チャンネルの調達/編成/制作/販売(直接受信/法人/CATVなど)
映画・オリジナル時代劇・テレビドラマなどコンテンツの企画/制作
イベントの企画/プロデュース
代表者 石原隆(代表取締役社長)[1][2]
資本金 3億3,300万円
純利益 9億4100万円
(2022年03月31日時点)[3]
純資産 110億5700万円
(2022年03月31日時点)[3]
総資産 138億3100万円
(2022年03月31日時点)[3]
主要株主 株式会社フジテレビジョン 33.3%
ソニーグループ株式会社
東宝株式会社
関西テレビ放送株式会社
JCOM株式会社
スカパーJSAT株式会社
株式会社フジランド
関係する人物

村上光一(初代社長、現相談役・フジテレビジョン元社長)

杉田成道(第2代社長、現相談役・フジテレビジョン元役員待遇エグゼクティブディレクター)
外部リンク https://www.nihon-eiga.co.jp/
特記事項:1998年7月、日本映画専門チャンネル・時代劇専門チャンネル開局。
2000年4月、スカイエンターテイメント株式会社(現・株式会社ジェイ・スポーツ)より上記2チャンネルの業務を承継。
フジ・メディア・ホールディングス持分法適用会社
テンプレートを表示

過去には衛星一般放送事業者および移動受信用地上基幹放送事業者でもあった。

概要編集

フジテレビジョンが筆頭株主で、同社及びその親会社フジ・メディア・ホールディングスのグループ会社(放送事業グループ)で、同社の持分法適用関連会社である。

日本映画専門チャンネル」および「時代劇専門チャンネル」の番組編成とその放送・供給を行なっており、直営の放送を含めスカパー!プレミアムサービススカパー!J:COMひかりTVケーブルテレビなどで視聴できる。後者については、かつてモバキャスにも供給していた。

映画・オリジナル時代劇・テレビドラマなど、コンテンツの制作にも力を入れており、自社で企画制作する作品は年々増えており、放送だけではなく、劇場公開など、新たな取り組みも行っている。

代表取締役社長は、フジテレビで多くのテレビドラマ制作に関わり『古畑任三郎』『やまとなでしこ』『HERO』『美女か野獣』など多くのドラマを企画しヒットに結びつけた石原隆(2021年~)(フジテレビ元取締役編成統括局長)、取締役相談役は、前社長で『北の国から』の演出を手がけた杉田成道[1][2](フジテレビ元役員待遇/エグゼクティブディレクター)。

実際の放送業務はかつて2チャンネルを運営していたJ SPORTS(旧スカイエンターテイメント)の本社がある青海フロンティアビルで行われており[4]、2011年までは番組審議会もJ SPORTSの会議室で開かれていた[5]

沿革編集

  • 2000年(平成12年)
  • 2002年(平成14年)
  • 2003年(平成15年)
    • 10月 - スカイパーフェクTV!110(当時)にて「時代劇専門チャンネル」(委託放送事業者はサテライト・サービス)の放送開始。
    • 11月 - スカイパーフェクTV!110(当時)にて「日本映画専門チャンネル」(「日本映画+時代劇チャンネル」からチャンネル名変更)の放送開始。
  • 2007年(平成18年)
    • 5月 - 「日本映画専門チャンネル」「時代劇専門チャンネル」の視聴世帯数が1,000万世帯を突破。
    • 9月 - e2 by スカパー!(当時)にて、「日本映画専門チャンネルHD」(委託放送事業者はマルチチャンネルエンターテイメント(現・スカパー・エンターテイメント))の放送開始。同時に時代劇専門チャンネルのe2 by スカパー!における委託放送事業者がシーエス映画放送に変更される。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月 - 一部のケーブルテレビ局で「日本映画専門チャンネルHD」の放送を開始。
    • 10月 - スカパー!HD(当時)で「日本映画専門チャンネルHD」の放送を開始。
  • 2009年(平成21年)
    • 4月 - ひかりTVで「日本映画専門チャンネル」の放送を開始。
    • 10月 - スカパー!HD(当時)で「時代劇専門チャンネルHD」の放送を開始。
  • 2010年(平成22年)
    • 4月 - ひかりTVで「時代劇専門チャンネル」の放送を開始。
  • 2011年(平成23年)
    • 1月 - 「日本映画専門チャンネル」「時代劇専門チャンネル」の視聴世帯数が1,500万世帯を突破。
  • 2012年(平成24年)
    • 3月 - スカパー!e2(当時)における日本映画専門チャンネルHDが東経110度CSデジタル放送からBSデジタル放送へ移行するとともに、日本映画衛星放送直営の衛星基幹放送チャンネル「BS日本映画専門チャンネル」となる。
    • 7月 - スカパー!e2(当時)にて、時代劇専門チャンネルの衛星基幹放送事業者が日本映画衛星放送に変更、「時代劇専門チャンネルHD」にチャンネル名を変更してハイビジョン放送を開始。
  • 2014年(平成26年)
    • 3月 - ブロードメディアが保有する株式を関西テレビ放送及び日本映画衛星放送(現・日本映画放送)に売却[6]
    • 7月 - 「日本映画専門チャンネル」オンデマンドスタート
  • 2015年(平成27年)
    • 4月1日 - 移動受信用地上基幹放送としてモバキャスによる「時代劇専門チャンネル」の標準テレビジョン放送を開始。
    • 7月1日 - 日本映画放送株式会社に商号変更[7]
  • 2016年(平成28年)
    • 6月30日 - モバキャスによる「時代劇専門チャンネル」の放送終了。
  • 2018年(平成30年)
    • 6月 - 「Amazon Prime Videoチャンネル」での放送、配信をスタート。
    • 12月1日 - 「日本映画+時代劇 4K」での放送をスタート。

運営チャンネル編集

  • 日本映画専門チャンネル(ハイビジョン放送)
  • 時代劇専門チャンネル(ハイビジョン放送)
    • スカパー!(東経110度CS放送)で直営放送。CS2ND-14ch 12スロット。
    • スカパー!プレミアムサービス等では、スカパー・ブロードキャスティング → スカパー・エンターテイメント他への供給。
  • 日本映画+時代劇 4K(4K放送)
    • スカパー!(東経110度CS放送)で4K放送。衛星基幹放送事業者はスカパー・エンターテイメントが行っている。

過去の運営チャンネル編集

  • 日本映画+時代劇チャンネル

出資・製作参加映画編集

株主であるフジテレビ、東宝、角川映画との共同出資・製作となることが多い

製作・制作テレビドラマ編集

  • 鬼平外伝 熊五郎の顔(2012年2月、スカパー!CS衛星放送時代劇専門チャンネル」)オリジナル時代劇第二弾[8]
  • 鬼平外伝 正月四日の客(2013年1月、スカパー!CS衛星放送「時代劇専門チャンネル」)オリジナル時代劇第三弾[8]
  • 新・御宿かわせみ(2013年、スカパー!CS衛星放送「時代劇専門チャンネル」)オリジナル時代劇第四弾[8]
  • おいハンサム!!(2022年1月期・東海テレビとの共同制作・東海テレビ・フジテレビ系)

受賞編集

  • 2011年6月「時代劇法廷 被告人は田沼意次」(時代劇専門チャンネル、オリジナル番組)第48回ギャラクシー賞テレビ部門選奨を受賞
  • 2013年1月「鬼平外伝 正月四日の客」(時代劇専門チャンネル オリジナル番組)ギャラクシー賞テレビ部門11月度月間賞を受賞
  • 2016年 藤沢周平 新ドラマシリーズ及び「藤沢周平劇場」企画が、第6回衛星放送協会オリジナル番組アワード2016 オリジナル編成企画賞を受賞
  • 2016年 藤沢周平 新ドラマシリーズ「果し合い」が、「NEW YORK FESTIVALS WORLD'S BEST TV & FILMS」Drama Special部門 Gold World Medal(金賞)を受賞

脚注編集

関連項目編集

2010年8月31日の解散以降は、日本映画放送がすべての作品の著作権を管理している(他社との共同制作作品を含む)。

外部リンク編集