メインメニューを開く

日本映畫株式會社(にほんえいが、1933年 設立 - 1934年 倒産)は、かつて存在した東京の映画会社である。東活映画社を母体とし、調布撮影所を建設したが、企業自体は短命に終わった。日本映画社と表記されることもあるが、ニュースフィルム製作の「日本映画社」とはまったくの別法人である。

略歴・概要編集

1932年(昭和7年)、京都の等持院撮影所で映画を量産していた「東活」が、東京地区に撮影所を新設しようと本多嘉一郎を派遣、北多摩郡調布町大字布田小島分(現在の東京都調布市多摩川6-1-1、角川大映撮影所)に白羽の矢を立てた[1]が、まもなく「東活」は解散、京都の撮影所は競売に付された。

解散した「東活」を母体に、同社の社長中山貞雄が京王電気軌道(現在の京王電鉄)と提携し、1933年(昭和8年)に設立されたのがこの日本映画株式会社である[2]。ひきつづき「日本映画多摩川撮影所」として建設した。当時のレジャーランド「京王閣」、および「多摩川原駅」(現在の京王多摩川駅)が至近の好立地であった。

1934年(昭和9年)、同社は倒産、建設した撮影所は日活が買収し、「日活多摩川撮影所」となったが、第二次世界大戦時の統制で1942年、合併して「大映多摩川撮影所」となった。戦後、本多は1962年7月の選挙で当選し、第4代調布市長となった。

フィルモグラフィ編集

  • 『浅草三重奏』(1933年3月8日公開、監督:麻生喬
  • 『旅合羽だんだら染』(1933年3月8日公開、監督:志波西果
  • 『上海から来た女』(1933年公開、監督:中村能二

編集

  1. ^ 「財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団」公式サイトの「映画のまち調布」の記述を参照。
  2. ^ 『カメラマンの映画史 碧川道夫の步んだ道』、山口猛社会思想社、1987年 ISBN 4390602977、p.265.