メインメニューを開く

日本書鏡院は、1933年(昭和8年)に、長谷川耕南によって創設された書道団体。道の芸術性と実用性の両面を通じて、理想的人間関係並びに人間形成に努め、年令層を問わず創造性と個性に富む書道教育を目的としている。本部は、東京都品川区。2代目会長は、長谷川耕生。現会長は、3代目の長谷川耕史である。

目次

概要編集

東京都品川区に本部を置く、日本の書道団体。関東を中心に、日本書鏡院より教授資格を授与された書道教室(支部)がある。

古典に基づいた長谷川耕南の手本掲載の月刊誌、書鏡を発行し、支部で手本として利用されている。

本部所在地編集

東京都品川区南品川1丁目2番12号

歴代会長編集

  • 初代会長 : 長谷川耕南 (1933-1977)
  • 二代目会長: 長谷川耕生 (1977-2017)
  • 三代目会長:長谷川耕史(2017年6月-現在)

沿革・歴史編集

  • 1933年(昭和 8年)長谷川耕南が、墨林会を創設
  • 1961年(昭和36年)より東京都美術館に於いて全国墨林展(現:日本書鏡院展)を開催。
  • 1967年(昭和42年)に、日本書鏡院へ改題。
  • 1970年(昭和45年)より御岳山(東京)に於いて書道の講習会をはじめる。
  • 1977年(昭和52年)長谷川耕生が、日本書鏡院を継承。
  • 1984年(昭和59年)より、銀座鳩居堂に於いて日本書鏡院選抜展を毎年ゴールデンウイークの時期に開催している。
  • 1987年(昭和62年)一般向けに、漢字・かな特別講座を始める。第50回記念日本書鏡院展を開催。
  • 2017年(平成29年)長谷川耕史(現会長)が、日本書鏡院を継承。

主な書展編集

  • 日本書鏡院展 場所:東京都美術館
  • 日本書鏡院選抜展 場所:銀座鳩居堂

関連項目編集

外部リンク編集