メインメニューを開く

日本最古の一覧

ウィキメディアの一覧記事

日本最古の一覧(にほんさいこのいちらん)は、現存する日本で最も古いものを紹介する。

“そのもの”ではなく“痕跡”が現存している場合は、「#遺跡」の節に記載する。

以下の記事も参照。

自然物編集

遺跡編集

建築物編集

建築物(建物や像など)そのものが現存しているものを記載する。

建物は新築されているが運営は存続しているものは、「#企業」の節などその運営形態に対応する節に記載する。(新築された建物が現存する日本最古の場合はここに記載。)

“建築物そのもの”ではなく“痕跡”が現存している場合は、「#遺跡」の節に記載する。

建築様式編集

建材編集

庭園編集

文化・教育施設編集

交通施設編集

その他編集

交通編集

政治編集

経済編集

貨幣編集

企業編集

学問編集

書物編集

教育機関編集

その他編集

技術編集

エンターテインメント編集

放送編集

アニメ・マンガ編集

レジャー施設編集

スポーツ編集

ゲーム編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 天保6年(1835年)落成としている資料もあるが、それは棟上げの年であり、落成は翌年。
  2. ^ 本項での用語選択:「元・○○校校舎」は「かつて○○校の校舎であった(今は別用途で使われている)建物」を意味する。「○○校旧校舎」という表現は「(現存する)○○校の、以前使われていた校舎」という意味になってしまい(用例:豊郷町立豊郷小学校旧校舎)、正確性を欠くので上記の意味では用いない。「旧○○校校舎」も同様に問題があるので用いない。
  3. ^ 北海道小樽市に現存する「可否茶館」は系統的に無関係であるが、下谷に存在した可否茶館を店名の由来にしている。
  4. ^ 日本酒評論家の中野繁は自身のブログにおいて第55代社長の須藤源右衛門から「奈良県に在る酒蔵が日本最古である」との回答を得た旨を記述している。その酒蔵とは今西酒造のことだが、中野が自身のブログに投稿した当時は今西酒造の公式サイトに創業年についての記載が無く、寛保2年(1742年)の時点で当主が5代目だったことから逆算しても創業は1600年前後と推測されるため、予てより疑問視されてはいたが、公式サイトのリニューアルに伴って創業年を記載されるようになり、1660年創業であることが判明したため、今西酒造最古説は誤りである。
  5. ^ 本書は偽書説も有力であり、それに依れば日本最古の現存する医学書は医心方となる。しかし、偽書説を最初に主張した佐藤方定は、嘉永元年(1848年)に「大同類聚方」寮本を発見し、それを安政3年(1856年)に「勅撰真本大同類聚方」(2-7巻欠)と命名して出版しており、寮本を真書として、自ら主張した偽書説を覆している。なお、「大同類聚方」寮本は、典薬寮で編纂した古形を保ち、平城天皇に奉じた「表」(上表文)と「大同医式」が備わっている。
  6. ^ 大正時代から続いている唯一の番組でもある。

出典編集

  1. ^ 図鑑・横濱スポット”. 2013年1月24日閲覧。
  2. ^ 磯野浩光(京都府教育庁指導部文化財保護課長). “京都市内に現存する能舞台略考 (pdf)”. (公式ウェブサイト). 公益財団法人 京都府埋蔵文化財調査研究センター. 2012年10月14日閲覧。
  3. ^ 日本最古の庶民学校 閑谷学校”. (公式ウェブサイト). 備前市. 2012年10月14日閲覧。
  4. ^ 旧見付学校 現存する日本最古の木造擬洋風小学校”. ふじのくに(公式ウェブサイト). 静岡県 (2012年1月27日). 2012年10月14日閲覧。
  5. ^ 旧開智学校”. たった1人の秋田まちづくり委員会 (個人ウェブサイト). 個人. 2012年10月14日閲覧。
  6. ^ 大宝律令で設置された大蔵省は明治維新まで存続したが維新の時に一度廃止され太政官制が発足した1869年に再設置された。
  7. ^ 情報誌『京都』
  8. ^ 奈良県吉野郡下市町観光情報
  9. ^ 可否茶館 ~可否茶館の由来~
  10. ^ カフェー勝本清一郎、1964、青空文庫
  11. ^ 茨城新聞社 編『茨城県大百科事典』茨城新聞社、1981年10月8日、1099pp.(719ページより)
  12. ^ 筑波町史編纂専門委員会 編『筑波町史 下巻』つくば市長 倉田弘 発行、平成2年3月25日、697pp.(253ページより)
  13. ^ 300年前の押し花、日本最古でした 長野の藩士が採集”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2018年8月4日21時37分). 2018年8月5日閲覧。