メインメニューを開く

一般社団法人 日本歌手協会(にっぽんかしゅきょうかい)は、日本で活動する歌手が会員となっている業界団体

概要編集

1963年2月にプロの歌手の権利や財産、名誉を守ることを目的として設立される。初代会長は東海林太郎で会員数134名で発足。その後1975年5月に社団法人として認可される。 2010年7月、一般社団法人 日本歌手協会として内閣府より認可を受ける。

近年は、地震によるチャリティーイベントや第一興商とタイアップした「プロレベル認定歌手オーディション」を行っている。

総会員数編集

2015年3月31日現在で557名。

主なイベント編集

  • 輝け!歌の祭典
毎年5月頃に2日にわたって行われる。
  • 歌謡祭
毎年10月頃に2日4公演にわたって行われる。2009年度は、ゆうぽうとで行われた。
なお、2012年度は、「日本歌手協会創立50周年記念 秋の歌謡フェスティバル」として実施。
補足

「歌謡祭」については2018年度はBSテレビ東京で12月3日・10日に2週連続で4時間放送される(以前はテレビ東京で翌年1月にダイジェスト版が放送されていた)。かつては、「輝け!歌の祭典」と「歌謡祭」の公演の模様は第一興商スターカラオケで後日放送されていたが、放送局の閉局にともない、放送を終了した。

現在の役員編集

代表者編集

2014年の会員総会で一般社団法人の代表理事を以て会長と称することを定めた。

歴代会長編集

外部リンク編集