日本民主教育政治連盟

日教組関連の政治団体。

日本民主教育政治連盟(にほんみんしゅきょういくせいじれんめい、略称:日政連)は、日本政治団体

概要編集

1952年8月25日衆議院解散を前に日本教職員組合(日教組)の政治組織として「日本教職員政治連盟」の名で発足した[1]

55年体制成立後はほぼ日本社会党所属議員に限定されていたが、現在では所属する7名全員が立憲民主党の議員である(2010年に行われた第22回参議院議員通常選挙までは社会民主党近藤正道も所属していた。この選挙で近藤は落選。)。都道府県にも民主教育政治連盟があり、地方議会議員が所属する。

日政連所属国会議員編集

衆議院議員(3名)
吉川元
(4回、比例九州大分2区
道下大樹
(2回、北海道1区
堤かなめ
(1回、福岡5区
参議院議員(4名)
水岡俊一
(3回、比例区) 
斎藤嘉隆
(2回、愛知県選挙区
勝部賢志
(1回、北海道選挙区
古賀千景
(1回、比例区)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ この選挙では、左右両派に分立していた日本社会党の他、改進党候補の一部など44名を推薦。

関連項目編集

外部リンク編集