メインメニューを開く

日本民間放送労働組合連合会(にほんみんかんほうそうろうどうくみあいれんごうかい、略称:民放労連(みんぽうろうれん)、英語:Japan Federation of Commercial broadcast Workers' Unions)は、民放産業で唯一の労働組合の連合会である。ユニ・グローバル・ユニオン(UNI)、国際ジャーナリスト連盟(IFJ)に加盟しているとともに、全国労働組合総連合(全労連)にオブザーバー加盟している。また、日本マスコミ文化情報労組会議に参加している。

日本民間放送労働組合連合会
(民放労連)
Japan Federation of Commercial broadcast Workers' Unions
組合員数 約9,000名
国籍 日本の旗 日本
本部所在地 160-0008
東京都新宿区三栄町17番地
木原ビル 
法人番号 8011105001338
加盟組織 ユニ・グローバル・ユニオン
国際ジャーナリスト連盟
全国労働組合総連合(オブ加盟)
公式サイト 日本民間放送労働組合連合会

目次

概要編集

テレビ局ラジオ局等の民間放送産業に関わる労働者で組織している労働組合の連合会である。

加盟組合編集

  • 日本テレビ労働組合
  • テレビ朝日労働組合
  • 東京放送労働組合
  • テレビ東京労働組合
  • フジテレビ労働組合

主張 編集

BPOニュース女子沖縄基地反対運動についての報道についての意見書で、「重大な放送倫理違反があった」としつつ、「他のメディアが取り上げない事実や情報を伝えようとする試みは重要」「一方の側の見解のみを伝え、反対側の見解を一切無視することは許されない」と「両論併記」の重要性を述べた事に対し、「沖縄の苦悩に『両論併記』はありえない」と題した委員長談話にて「(BPOの意見書により)ネット上に蔓延しているような沖縄への差別的な言説は、根拠に乏しい意図的な虚偽情報であることが改めて明らかになったと言える。最近はこうした情報も含めて『多角的な論点』として紹介されるケースがみられるが、米軍基地が過剰に集中していることによる被害に悩まされ続けている沖縄の現実を思えば、そこにはもはや形式的な『両論併記』はありえないのではないだろうか」と主張した[1]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集