メインメニューを開く
桃中軒の額

一般社団法人 日本浪曲協会(いっぱんしゃだんほうじん にほんろうきょくきょうかい)は、東京で活動する浪曲を演じる者(浪曲師ならびに曲師)が加盟する協会。略称は浪協、または日浪協。

概要編集

古くは明治の東京浪花節組合結成に始まる。

毎月、1~7日には木馬亭で定席を、毎週火曜日夜には協会大広間で「浪曲火曜亭」という茶話会付きの会[1]を開いているほか、毎年10月には浅草公会堂で浪曲大会を主催している[2]。毎年5月上旬には国立演芸場で大演芸まつりに参加、企画公演する。

過去には浅草国際劇場、銀座歌舞伎座[3]で浪曲大会を主催していた。

また、将来の深刻な曲師不足を解消するために、協会主催で開いている「浪曲三味線教室」の初回受講者から、玉川美穂子(現・浪曲師玉川奈々福)、佐藤貴美江、伊丹明と三人の現役が残り、核となっている。

所在地編集

沿革・歴史編集

  • 明治初年代 - 東京浪花節組合が結成される。
  • 明治30年代 - 神田組と浅草組の対立が始まる。
  • 1926年(大正15年) - 松竹向山庄太郎が一本化を図って「東京浪曲協会」として統一し、東西の大看板が集まる浪曲大会を年2回開催する(1938年(昭和13年)に日本浪曲協会へ改名)。
  • 1939年(昭和14年) - 協会の運営に反旗を翻した寿々木米若二代目玉川勝太郎初代木村友衛、(大阪の梅中軒鶯童)など若手の人気浪曲師が中心となって「浪曲総和会」を結成する。
  • 1940年(昭和15年)5月29日 - 「日本浪曲協会」に改組する(現在の協会はこれを創始としている)[4]
  • 太平洋戦争中に関西の浪曲親友協会、九州の興浪会と戦時統合して「日本浪曲会」が発足した際は、その本部と東京支部となる。戦後、再び日本浪曲協会を結成。
  • 1945年(昭和20年) - 敗戦とともに旧に復し、再び「日本浪曲協会」になる。
  • 1963年(昭和36年)9月27日 - 東京浅草田原町に自前の建物、浪曲協会会館が竣工する。
  • 1968年(昭和43年) - 三門博会長の事務系排除の運営方針に反対した初代東家浦太郎はじめ有力浪曲師が、協会内に「浪曲百扇会」を結成して大会も別に開くなど内部分裂を起こす(この時期は同時に別会場で大会が2つ行われた)。
  • 1970年(昭和45年) - 寿々木米若が会長に復帰し、百扇会組も協会に合流したことで再び一本化する。
  • 1970年(昭和36年) - 浪曲定席の木馬亭が開場し、日本浪曲協会と木馬亭(根岸興行部)の共催の形をとる。
  • 2012年(平成24年) - 補助金を不正受給していたことが発覚し、文化庁より5年間の補助金支給を停止される[5]
  • 2013年(平成25年)11月22日 - 任意団体から一般社団法人に移行する。

歴代会長編集

所属会員編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 貴重な若手の出番となっている。
  2. ^ 国際劇場で昭和53年から年2回、初年度のみ台東区社協主催、翌54年(1979年)から日浪協主催 唯p.256
  3. ^ |歌舞伎座は第4期の建物
  4. ^ ここまで猪野健治「興行界の顔役」文庫版ISBN4480039791 P.465~469を参考
  5. ^ NHKオントップニュースbotのツイート
  6. ^ 定本p.287
  7. ^ 定本p.287
  8. ^ 2月改選され、副会長に選ばれた三門博が巡業多忙を理由に辞任。代わりに玉川勝太郎。三門は戦後浪曲の民主化に意欲を燃やし、新しい構想を練っていた。三門の辞任はその旗揚げの矢先だったためと言われる。原典:東京新聞 三門はあれが浪曲か?と、とにかく異端視されながら「唄入り観音経」で天下を取った三門らしい。唯p.200
  9. ^ 「1951年以降民間のラジオ放送局が次々と開局していく。翌年、米若は日本浪曲協会会長に就任する(合計五期一〇年。)『浪花節』p.217
  10. ^ 1月末、浪曲協会役員が改選された。表33。唯1999p.264
  11. ^ 昭和33年1月、日本浪曲協会は総会を開き、三十三、四年度の役員改選を行った。玉川勝太郎に代わり新会長に木村若衛、副会長に松平国十郎天中軒雲月が選ばれる。これまでの戦後の会長は楽燕、友衛、梅鶯、米若、虎造、勝太郎と、戦前からの大家の持ちまわりだった唯1999p.277
  12. ^ 2月。定本p.287
  13. ^ 定本p.287「三門の会長任期終了と同時に」
  14. ^ 定本p.288
  15. ^ 定本p.288

参考文献編集

  • 唯二郎『実録浪曲史』東峰書房、1999年06月。9784885920485
  • 正岡容 大西信行編『定本日本浪曲史』2009年 p.287-288に「十一 日本浪曲協会の会長」
  • 真鍋昌賢『浪花節―流動する語り芸―』2017年p.217

関連項目編集

外部リンク編集