メインメニューを開く

公益社団法人日本演劇協会(にほんえんげききょうかい、Japan Theatre Arts Association)は、日本国内の演劇に関する統括団体。1951年創立。略称=「JTAA」。会長・植田紳爾、名誉会長・河竹登志夫。事務局は国立能楽堂内。

目次

概要編集

久保田万太郎と高田保の提案による同名の団体(1943年1月18日発会、1946年解散)が存在したが、別の組織。

現在の協会は、劇作家組合をベースに改組して発足したもので、劇作家の脚本料をはじめ、演出料、装置料、照明料、音響効果料など演劇スタッフの著作権使用料、隣接権使用料の適正な設定などに取り組んできている[1]

沿革編集

1951年4月18日創立[2]

1953年12月25日、文部省から社団法人認可[3]

1966年、『演劇年鑑』の刊行[4]

1988年10月、「劇作塾」開講[5]

歴代会長編集

主な事業編集

  • 演劇塾
    1988年10月に「劇作塾」として開講したものを演出家や制作者、各種スタッフに必要な知識や技術にもふれることができるように、内容と名称を変更して開講されている。講義だけでなく舞台の現場も体験できるようになっている[6]
  • 「演劇年鑑」発行
    年間の国内演劇公演の概要掲載。1996年から、文化庁の委嘱事業となっている[7]
  • 社団法人日本演劇協会賞
    1966年から1970年まで選考が行われ、その後中断。1996年復活[8]

編集

外部リンク編集