公益社団法人日本生化学会(にほんせいかがくかい、: The Japanese Biochemical Society)は、生化学研究の推進を目的とする日本学術団体

にほんせいかがくかい
公益社団法人日本生化学会
英語名称 The Japanese Biochemical Society
略称 JBS
法人格 公益社団法人
法人番号 4010005004108 ウィキデータを編集
専門分野 医学
設立 1925年
会長 山本雅之(2018年-2019年)
事務局 日本の旗 日本
〒113-0033
東京都文京区本郷5-25-16
石川ビル3階
会員数 約9,000名
刊行物 『生化学』、『Journal of Biochemistry』
ウェブサイト www.jbsoc.or.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

概要編集

1925年医化学医学系の生化学)研究者を会員として設立された。。当初は医学系を中心としたため、現在も日本医学会に加盟しているが、現代ではそれに限らず、理学系・農学系・工学系の研究者も多数参加している。学会誌として日本語誌『生化学』、英文学術誌『Journal of Biochemistry』を発行している。2012年9月、公益社団法人に移行。

現在は生化学と分子生物学との境界が曖昧になってきたため、日本分子生物学会1978年設立)とは特に密接な関係があり、しばしば合同大会を開催している。その他隣接分野の学会としては、日本生物工学会日本薬学会日本農芸化学会日本細胞生物学会などがある。

創立者編集

創立者の柿内三郎(1882-1967)は、旧田安徳川家家臣で資産家であった柿内家の三男として生まれ[1]、東京帝大医科大学卒業後、隈川宗雄に招かれ講師となり、米国留学を経て同大教授となり、1927年に生化学教室を創設[2]。私費で『生化学雑誌』を創刊し、「東京生化学者宵の会」を設立するなど、日本の生化学研究の基礎作りに貢献した[2]。定年後は日本学園校長を務めた[2]小金井良精の娘婿、星一とは相婿[1]。弟の柿内照康は実業家で、柿内合名会社代表、内外製薬研究所長、大日本勧業貯蔵会代表などを務めた[3]。長男の柿内賢信(1913-1995)は物理学者で、東京大学名誉教授、国際基督教大学教授、東京神学大学教授を務めた[4]。 

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 柿内三郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  2. ^ a b c 柿内 三郎(読み)カキウチ サブロウコトバンク
  3. ^ 柿内照康君『大日本人物名鑑.〔巻5の1〕』ルーブル社出版部、1921年
  4. ^ 柿内賢信先生を悼む山下次郎、日本物理学会誌 Vol.50,No.8、1995

関連項目編集

外部リンク編集