メインメニューを開く

公益社団法人日本生化学会(にほんせいかがくかい、: The Japanese Biochemical Society)は、生化学研究の推進を目的とする日本学術団体1925年医化学医学系の生化学)研究者を会員として設立された。当初は医学系を中心としたため、現在も日本医学会に加盟しているが、現代ではそれに限らず、理学系・農学系・工学系の研究者も多数参加している。学会誌として日本語誌『生化学』、英文学術誌『Journal of Biochemistry』を発行している。2012年9月、公益社団法人に移行。

にほんせいかがくかい
日本生化学会
英語名称 The Japanese Biochemical Society
略称 JBS
法人格 公益社団法人
法人番号 4010005004108
専門分野 医学
設立 1925年
会長 山本雅之(2018年-2019年)
事務局 日本の旗 日本
〒113-0033
東京都文京区本郷5-25-16
石川ビル3階
会員数 約9,000名
刊行物 『生化学』、『Journal of Biochemistry』
ウェブサイト http://www.jbsoc.or.jp/
テンプレートを表示

現在は生化学と分子生物学との境界が曖昧になってきたため、日本分子生物学会1978年設立)とは特に密接な関係があり、しばしば合同大会を開催している。その他隣接分野の学会としては、日本生物工学会日本薬学会日本農芸化学会日本細胞生物学会などがある。

関連項目編集

外部リンク編集