日本皮膚科学会

公益社団法人日本皮膚科学会(にほんひふかがっかい、英称:The Japanese Dermatological Association)は、1900年明治33年)創立の皮膚科に関する学会である。日本医学会加盟学術団体。

目次

組織編集

日本皮膚科学会認定専門医編集

皮膚科専門医(正確には日本皮膚科学会認定専門医)の認定を行っている。

沿革編集

1900年(明治33年)12月、東京帝國大學教授土肥慶蔵博士の提唱により創立された。翌年4月、第1回総会が開催された。学術総会は1945年には誌上学会となったが、毎年行われている。1901年、現在の『日本皮膚科学会雑誌』(当初は「皮膚病學及泌尿器病學雑誌」、現在はPubmedにおける英文名は Nihon Hifuka Gakkai Zasshi)が創刊された。1974年に日本皮膚科学会の英文誌 Journal of Dermatology が創刊された。第68回会頭を務めた土肥淳一郎は慶蔵の孫にあたる。

インパクトファクター編集

この雑誌のインパクトファクターは1.3であったが、2012年は1.765に上昇した。2016年6月発表の2015年のインパクトファクターは1.577であった[1][2]

出典編集

外部リンク編集