メインメニューを開く

日本神学校(にほんしんがっこう)は、1930年から1949年まで東京に存在した、プロテスタント日本基督教会長老派)・超教派神学校である。戦後の日本基督教団東京神学大学の母体になる。

沿革編集

 
日本神学校校長の川添万寿得

1930年4月11日明治学院神学部東京神学社(1904年植村正久が設立)が合併、1937年東北学院神学部が合流して日本神学校が設立される。日本基督教会以外にも、同盟基督協会からも、木下弘人白川藤太郎相沢良一らが学んだ。校長は川添万寿得で、教頭が高倉徳太郎で教授陣は、桑田秀延植村環などであった。 1937年東京府千代田区長谷部鋭吉に設計により新校舎が建設される。1944年日本西部神学校が合併する。

戦後になり、東京神学大学へ改編された。

また、改革長老派の神学校として、専門学校 日本神学校(名古屋市中区)として日本の牧会者を育てる神学校が存在する。 首都圏以外の、地方にて学校法人を持つ神学校としては、唯一、日本神学校だけである。

参考文献編集