日本空手道糸洲会

日本空手道糸洲会(にほんからてどう いとすかい)は、日本空手道団体の一つ。

概要編集

摩文仁賢和師の高弟であった坂上隆祥師によって設立された。 現在は、坂上隆祥師の長男である坂上節明師が会長を務める[1]

大会編集

毎年夏に、東京、大阪、広島と廻りながら、全国選手権大会を開催。

国際団体編集

日本空手道糸洲会の国際団体としては、糸洲流空手道国際連盟(IKIF)が存在し、世界20カ国以上に本部、支部を置く。 以前は国際親善大会と称して、不定期に大会を開いていたが、2005年にアメリカ、ロスアンゼルスで行われた大会を契機に、糸洲流世界空手道選手権大会と改称し、4年に一度世界大会を開いている[2]

関係団体編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集