メインメニューを開く

日本童画家協会(にほんどうがかきょうかい)は、子ども向けの絵本などのために絵画を描く画家美術家の団体。

1927年から1943年ごろまで活動した第1次「日本童画家協会」と1961年から1983年まで活動した第2次「日本童画家協会」がある。第1次と第2次の間に「日本童画会」(1946年から1961年)が活動した。

第1次「日本童画家協会」は、初山滋武井武雄川上四郎岡本帰一深沢省三村山知義清水良雄1927年に結成。「新ニッポン童画会」「童心美術協会」などとともに、日本少国民文化協会に併合されるまで存在した[1]

第2次「日本童画家協会」は、「日本童画会」が解散した翌年の1962年武井武雄、黒崎義介、林義雄らが結成。1983年2月7日心筋梗塞のため武井武雄が逝去した後、解散。

1965年日本美術家連盟日本漫画家協会日本理科美術協会児童出版美術家連盟出版美術家連盟とともに、日本美術著作権連合を設立[2]。林義雄が日本美術著作権連合の理事を務めた[3]

出典編集

  1. ^ 日本童画家協会岡谷市-イルフ童画館-武井武雄
  2. ^ 日本美術著作権連合とはイラストレーター・塚崎健吾公式サイト内
  3. ^ 林 義雄足立美術館サイト