日本精工女子ソフトボール部

日本精工女子ソフトボール部(にっぽんせいこうじょしソフトボールぶ)は、滋賀県湖南市を拠点とする女子ソフトボールチーム。JDリーグ所属。チーム愛称は日本精工Brave Bearies(ブレイブベアリーズ)。

日本精工Brave Bearies
基本情報
正式名 日本精工女子ソフトボール部
愛称 Brave Bearies
運営母体 日本精工
創設年 1972年
所属リーグ
リーグ JDリーグ西地区
本拠地
本拠地 日本の旗 滋賀県湖南市
組織
部長 藤岡俊久
監督 森澤隆行
成績
2021 12位
リーグ優勝 1回 (1985年)
獲得タイトル
全日本総合選手権優勝 (2回)
1984年・1985年
国民体育大会優勝 (1回)
1984年
外部リンク
公式サイト

概要編集

1972年に同好会として発足し、2年後にソフトボール部に昇格。1980年代に日本リーグ全日本総合選手権国体などのタイトルを獲得したが、1990年代以降は主に2部リーグでプレー。2022年からJDリーグ西地区所属。

チームスローガンは「Teamwork in Motion ~チーム力で歯車を動かせ~」。一体感のあるチームになり、強豪チームに果敢に挑んでいく。ユニフォームには、日本精工の主力製品であるベアリングがデザインされている。マスコットは「ベアリー」で、湖南市の鳥であるうぐいすがモチーフ[1][2][3][4]

歴史編集

  • 1972年 - 日本精工石部工場女子ソフトボール同好会(日本精工石部)として発足
  • 1974年 - 日本精工石部工場女子ソフトボール部に昇格
  • 1984年 - 全日本総合選手権国体の2冠達成
  • 1985年 - 日本リーグ1部初優勝、全日本総合選手権2連覇(2年連続で2冠達成)
  • 1990年 - 日本精工女子ソフトボール部に名称変更
  • 2016年 - 日本リーグ2部優勝。1994年以来23年ぶりの1部復帰を決める
  • 2017年 - セカンドネーム登録に伴い日本精工Brave Beariesとなる
  • 2022年 - JDリーグ創設に伴い、同リーグ西地区に所属となる

成績編集

日本リーグ戦績編集

日本リーグ1部に決勝トーナメント方式が導入された1994年から、JDリーグ創設前の最終シーズンとなった2021年までの戦績。

年度 所属リーグ 総合順位 試合 リーグ順位 全日本総合 備考
1994 日本リーグ1部 12位 16 1 15 0 6位[注 1] 不明 2部リーグ降格決定
1995 日本リーグ2部 4位 14 6 8 0 不明
1996 日本リーグ2部 8位 14 2 12 0 不明 3部リーグ降格決定
1997 日本リーグ3部・西日本 2位 10 7 2 1 - 2部リーグ昇格決定
1998 日本リーグ2部 8位 14 3 11 0 -
1999 日本リーグ2部 5位 14 6 8 0 1回戦
2000 日本リーグ2部 5位 14 6 8 0 - 1回戦
2001 日本リーグ2部 5位 14 6 8 0 - 1回戦
2002 日本リーグ2部 4位 16 7 9 0 - 1回戦
2003 日本リーグ2部 8位 16 5 11 0 - - 3部リーグ降格決定
2004 日本リーグ3部 1位 7 6 1 0 - - 2部リーグ昇格決定
2005 日本リーグ2部 7位 14 3 11 0 - -
2006 日本リーグ2部 8位 16 8 8 0 - -
2007 日本リーグ2部 10位 17 8 9 0 - 2回戦
2008 日本リーグ2部 15位 17 6 11 0 - -
2009 日本リーグ2部 4位 16 12 4 0 - -
2010 日本リーグ2部 AS6位[注 2] 14 4 10 0 6位[注 3] 2回戦
2011 日本リーグ2部 AS4位[注 2] 16 9 7 0 4位[注 3] 1回戦
2012 日本リーグ2部 4位 14 10 4 0 2位[注 3] -
2013 日本リーグ2部 AS4位[注 2] 14 9 5 0 4位[注 3] -
2014 日本リーグ2部 6位 12 4 8 0 4位[注 3] 1回戦
2015 日本リーグ2部 7位 12 7 5 0 3位[注 3] 1回戦
2016 日本リーグ2部 1位 10 10 0 0 1位[注 3] 1回戦 1部リーグ昇格決定
2017 日本リーグ1部 12位 22 1 21 0 12位 2回戦 日本精工Brave Bearies
2部リーグ降格決定
2018 日本リーグ2部 2位 12 12 0 0 1位[注 3] 2回戦
2019 日本リーグ2部 1位 12 12 0 0 1位[注 3] 1回戦 1部リーグ昇格決定
2020 日本リーグ1部[注 4] 11位 11 2 9 0 11位 開催中止[注 5]
2021 日本リーグ1部 12位 22 3 19 0 12位 2回戦
  • 決勝トーナメント方式が導入された1994年以降、「総合順位」の1-4位はリーグ上位4チームによる決勝トーナメントの結果で決定。5位以下は「リーグ順位」に同じ[注 6]
  • 「リーグ順位」は、決勝トーナメント方式が導入された1994年以降の、リーグ戦における順位。上位4チームは決勝トーナメントに進出[注 6]

選手・スタッフ編集

  • 2022年4月1日更新[5]

選手編集

ポジション # 名前 年齢 身長 投打 出身校 備考
投手 16 有元茜 22歳 163cm 右·左 明石商業高→神戸親和女子大 新加入
19 栗原ななみ 18歳 173cm 右·左 飛龍高 新加入
20 山田玲菜 24歳 155cm 右·右 福岡大附属若葉高→東海学園大
29 後藤明日香 23歳 163cm 右·右 岐阜女子高→環太平洋大 新加入
捕手 2 重石華子 24歳 159cm 左·左 創志学園高
25 桑畑詩乃 23歳 163cm 右·右 神戸野田高→環太平洋大
内野手 1 沢柚妃 21歳 161cm 右·右 比叡山高
4 須藤祐美 24歳 159cm 右·右 帝京安積高→淑徳大
5 黒木美佳 22歳 157cm 右·左 兵庫大附属須磨ノ浦高 副主将
6 南方麻留実 24歳 160cm 右·左 創志学園高
8 上原依万里 28歳 158cm 右·左 花咲徳栄高
10 松尾ほの華 26歳 162cm 右·左 神戸野田高→立命館大 主将
11 松本由佳 28歳 151cm 右·左 目黒日本大高→東京国際大
15 久保和咲 22歳 166cm 右·右 福岡大附属若葉高→環太平洋大短大
24 岡田莉歩 24歳 159cm 右·左 岡山東商業高→環太平洋大
外野手 7 於保伊吹 19歳 159cm 右·左 鹿島高
9 田中瑠莉 28歳 158cm 右·左 福岡大附属若葉高→園田学園女子大
17 髙原侑里 28歳 160cm 右·左 厚木商業高→東北福祉大 副主将
21 宮村美葵 19歳 161cm 右·左 滑川高
26 酒井愛香 21歳 162cm 右·左 神村学園高

監督・コーチ編集

役職 # 名前 年齢 出身校 備考
監督 30 森澤隆行 55歳 高知商業高
コーチ 31 田邊奈那 33歳 福岡大附属若葉高→環太平洋大
32 永溝早紀 31歳 福岡大附属若葉高→環太平洋大

歴代所属選手編集

投手

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1994-1998年は1部リーグを2グループに分けて開催されたため、所属グループにおける順位
  2. ^ a b c 2010-2013年は、アドバンスセクション(AS)、ホープセクション(HS)の3位以下は、順位決定プレーオフを実施していない
  3. ^ a b c d e f g h i 2010-2019年は2部リーグを2グループに分けて開催されたため、所属グループにおける順位
  4. ^ 新型コロナウイルスの影響により全11試合での開催
  5. ^ 新型コロナウイルスの影響により開催中止
  6. ^ a b 2020年、2021年は、上位5チームによる決勝トーナメントを実施

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集