日本統一』(にほんとういつ)は、本宮泰風山口祥行ダブル主演のオリジナルビデオシリーズ(一部作品は劇場公開作品)。

日本統一
監督 山本芳久
脚本 辻裕之・山本芳久
原案 山本ほうゆう
出演者 本宮泰風
山口祥行
小沢仁志
哀川翔
梅宮辰夫
千葉真一
津川雅彦
音楽 SHU
撮影 小山田勝治・下元哲
編集 小川幸一
制作会社 メディア・ワークス
製作会社 アドバンス
配給 メディア・ワークス[1]
公開 日本の旗 2013年7月14日[1]
上映時間 89分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1作目がオールイン エンタテインメントより、2013年8月2日にセルリリース、同年8月5日にレンタルリリースされた。全作品ともハイビジョン製作だが、Blu-rayのリリースは3作目までとなっている。BSCS放送などではハイビジョンで放送されている。

1巻から44巻までオールイン エンタテインメントだった販売元が、2021年5月25日リリースの45巻からライツキューブに変わる。

概要編集

横浜出身の不良青年である氷室蓮司(本宮泰風)、田村悠人(山口祥行)が日本最大の任侠団体「侠和会」の盃を受け、会の発展と日本極道界統一を目指して奮闘する姿を描く。

2021年3月現在でシリーズ44巻がリリースされており、オールインエンタテインメントのオリジナルビデオ作品としては旧ミュージアム時代を含めても『首領への道』の全25巻を超える人気作となっている。

39巻から営業総括はオールイン エンタテインメントからライツキューブに移行した。

ストーリー編集

キャスト編集

侠和会系
  • 初代侠和会会長初代権田組組長:権田誠蔵 - 千葉真一(1・2)
  • 初代侠和会若頭→二代目侠和会会長:工藤雅信 - 白竜(1-)
  • 初代侠和会若頭補佐 山崎組組長→二代目侠和会若頭 山崎組組長:山崎義政 - 誠直也(1・2・3)
  • 初代侠和会若頭補佐 上田組組長→二代目侠和会最高顧問→信闘会理事長:上田秀次 - 岡崎二朗(1・2・3)
  • 初代侠和会若頭補佐→二代目侠和会幹部→信闘会幹部:八神統一郎 - 飛野悟志(1・2・3)
  • 初代侠和会幹部→二代目侠和会幹部→信闘会幹部:下野聡八 - 御木裕(1・2)
  • 初代侠和会幹部→二代目侠和会若頭補佐 馬場組組長:馬場伊左雄 - 桑田昭彦(1-)
  • 初代侠和会幹部→二代目侠和会総本部長 誠考会会長 尾本組組長:尾本考明 - 野口雅弘(1-)
  • 初代侠和会幹部→二代目侠和会若頭補佐 三谷組組長:三谷弘志 - 中程道也
  • 二代目侠和会若頭代行 一考会会長→二代目侠和会舎弟頭 一考会会長:尾本明良 - 野口雅弘(-10)
  • 初代侠和会上田組三上組組長→二代目侠和会直参三上組組長→二代目侠和会若頭補佐三上組組長:三上哲也 - 古井榮一(1-7)
  • 初代三上組舎弟頭 初代大宮組組長:大宮和也 - 小沢和義(4・5)
  • 三上組二代目大宮組若頭:カヤノ トウジ - 倉見誠(5・6)
  • 初代侠和会山崎組若頭 川谷組組長→二代目侠和会直参二代目山崎組組長→二代目侠和会若頭補佐二代目山崎組組長→二代目侠和会若頭二代目山崎組組長→二代目侠和会若頭 山崎組総裁:川谷雄一 - 小沢仁志(1-)
  • 二代目工藤組組長→二代目侠和会幹部二代目工藤組組長→二代目侠和会本部長二代目工藤組組長:渡部圭太 - 奈良坂篤
  • 二代目侠和会会長付 小堺組組長:小堺透馬 - 水元秀二郎
  • 初代山崎組組員→二代目山崎組若頭→二代目山崎組舎弟頭→二代目侠和会直参村上組組長→二代目侠和会幹部村上組組長:村上良彰 - 高原知秀
  • 初代龍征会会長→二代目山崎組二代目川谷組組長(川谷雄一の実子分)→二代目侠和会直参三代目山崎組組長→二代目侠和会幹部三代目山崎組組長:氷室蓮司 - 本宮泰風 / 幼少時代:山本蓮(5) / 小学校時代:吉田龍河(6・7) / 高校時代:大橋岬(21)
  • 初代龍征会副会長→三上組二代目大宮組組長→三上組若頭二代目大宮組組長→二代目侠和会二代目山崎組二代目川谷組若頭二代目三上組組長→二代目侠和会三代目山崎組若頭三代目川谷組組長:田村悠人 - 山口祥行 / 小学校時代:西村優希(6・7)/ 高校時代:本間優太(21)
  • 初代龍征会理事長→二代目川谷組若頭→龍征会理事長:斉藤浩樹 - 勝矢
  • 龍征会理事長補佐→二代目川谷組幹部→二代目山崎組若頭補佐 町田組組長:町田駿 - Koji
  • 三上組組員→山崎組幹部 三代目三上組組長:渋谷誠吾 - 石原和海(※二役) / 千葉誠樹(7-)
  • 初代龍征会組員→二代目川谷組幹部→二代目山崎組若頭補佐 川上組組長:川上章介 - 中澤達也
  • 初代龍征会幹部→二代目龍征会会長→カタギ(高松 手打ちうどん屋 出前→高松 居酒屋 呼び込み)→二代目侠和会山崎組若頭補佐二代目龍征会会長):菅谷健太 - 宮崎貴久
  • 初代龍征会組員→二代目龍征会理事長:イシダ - ヒロナカイ
  • 暴走族→初代龍征会組員→二代目川谷組幹部→二代目山崎組若頭補佐 中島組組長:中島勇気 - 舘昌美
  • 長谷川大輔 - 大山大介
  • 二代目侠和会三代目山崎組組員→二代目侠和会三代目山崎組組長付:坂口丈治(川谷雄一の実子) - 北代高士(12-)
  • 石沢勇将 - 本田広登
  • 山村義明 - 川崎健太
  • 三代目川谷組組員:大成虎雄 - 小手山雅
  • 二代目侠和会二代目権田組若頭:権田稜一(初代侠和会会長権田誠蔵の実子) - 小柳心
  • 中島組組員 - 木曽さんちゅう[2]
  • 岸田タツヤ
  • 初代侠和会上田組組員:モリヤス - SHU(2)
  • 上田組組員 - 友和(※二役)
  • 三上組組員 - 崔哲浩(2)(※二役)
  • 工藤組組員→工藤組財前興業組長:財前直也 - 石原和海(※二役)
  • 川谷会長の付き人:サトル - 友和(※二役)
  • 尾本明良の若者→二代目侠和会幹部 二代目一考会会長:木島一茂 - SHU(10)(※二役)
侠尽会系
丸神会系
  • 初代丸神連合会長:滝島彪雄 - 津川雅彦
  • 初代丸神連合理事長→二代目丸神連合会長:三田太源 - 菅田俊
  • 水神会 沖田学 - 東村久也(10-) / 軍司眞人
  • 安西組長 - 愛甲猛(1)
  • 安西組若頭→丸打組三田組秋本組若頭→丸神連合丸打組二代目三田組若頭二代目秋本組組長:若宮猛 - 川原英之(1・6-)
  • 安西組幹部→丸打組三田組幹部 秋本組組長→丸神連合丸打組二代目三田組組長:秋本照政 - 哀川翔
  • 安西組組員:モトキ - ハチミツ二郎(1)
  • 丸神連合水神会 名古屋 奈村組組長:奈村志郎 - 高野晃大(15)
  • 鶴見組組長:鶴見憲吾 - 大沢樹生
  • 小野寺和昌 - 吉沢眞人
  • 丸神会理事長補佐:棟方龍治 - 樋口隆則
  • 三田一家総長:辰巳龍三 - 武田幸三
  • ナシモト - 風見正明(クレジットは風見正)
  • 海部真一郎 - 中原和宏
藤代組・中森組系
鶴見組系
極山会系
宮本同友會
  • 宮本同友會 政治連盟議長:宮本稜治 - 岡田謙
迫田組系
関東
  • 銀座・東友会 会長:津島健次郎 - 寺田農(45-)
東北
  • 東北神農会 青森 六代目菖蒲川一家総長:野宮祥裕 - 清水宏(※二役)
  • 東北神農会 青森 六代目菖蒲川一家組員(総長の運転手) - 江戸川萬時(13)
  • 東北神農会 秋田 進友会会長:平川進 - 松田一三
  • 進友会組員:三村(ヒットマン) - 崔哲浩(13)(※二役)
  • 則坂組組長:則坂宣光(元 五代目菖蒲川一家若頭補佐) - 谷村好一
  • 平山組組長:平山一明(元 五代目菖蒲川一家若頭補佐) - ホリベン
  • みちのく一家総長:春日巳代松 - 渡辺哲
中部
  • 名古屋 三代目重光一家若頭:花田茂 - 飛野悟志(9)(※二役)
  • 名古屋 三代目重光一家若頭補佐:大沢五郎 - 松田優(9)(※二役)
  • 名古屋 三代目重光一家若頭補佐→四代目重光一家総長:遠藤勝 - 井田國彦(9)
  • 名古屋 五代目重光一家総長:大井忠雄 - 松本健司(16)
  • 名古屋 熱田組組長:香取和雄 - 遠藤栄蔵(16)
  • 岐阜 柳ヶ瀬連合会会長:北村朝雄 - 中山峻(8・9)
  • 岐阜 土岐組組長:土岐匡平 - 赤松紘季(16)
  • 山口 - タケタリーノ山口
  • 前田 - 前田ばっこー
  • 福井 坂下組組長:坂下惟秀 - 御木裕(15・16)(※二役)
  • 木槌勝 - 中倉健太郎
  • 竹下景一 - 寺中寿之
  • 北陸 喜多越組組長:喜多順吉 - 藤原喜明
  • 神山実 - 山崎直樹(※二役)
  • 福井 丸神会系我尊会会長:海部真一郎(丸神会鶴見組舎弟) - 中原和宏
  • 福井 丸神会系我尊会若頭:小渕健三 - 重松隆志
近畿
  • 京都 三代目島田組組長→信闘会会長:島田富士夫 - 松田優(2・3)(※二役)
  • 大阪 大和会会長:小橋雅俊 - なべおさみ(6・7)
  • 大阪 大和会若頭:オオツ - 松澤仁晶(6)
  • 大阪 小桜一家総長:中村哲夫 - 清水宏(6・7)
  • 大阪 北仁会会長:金澤宏之 - 両國宏(6・7・8・9)
中国
  • 広島 初代玄誠会会長→西日本睦会会長 初代玄誠会会長:高坂玄 - 宮内洋
  • 広島 初代玄誠会幹事長 初代福本組組長→初代西日本睦会理事長 初代玄誠会幹事長 初代福本組組長→二代目玄誠会会長→二代目西日本睦会会長 二代目玄誠会会長:福本貞夫 - 松田ケイジ
  • 広島 二代目玄誠会幹事長 二代目福本組組長:原木秀一 - 伊東篤志(15)(※二役)
  • 広島 西日本睦会副会長:江崎国生 - 山本圭壱(45-)
  • 広島 西日本睦会理事長:竹山昭夫 - 城明男(45-)
  • 尾道 岡村組組長:岡村宏 - 石橋保(45-)
  • 尾道 岡村組若頭:松井勝 - 石垣佑磨(45-)
  • 尾道 岡村組組員:南田正明 - 伊崎右典(45-)
  • 尾道 テキヤ大場一家会長:大場喜朗 - 川野太郎(45-)
  • 尾道 テキヤ大場一家 実子:大場信二 - 伊崎央登(45-)
  • 尾道 長老:内田健一 - 大門正明(45-)
  • 呉 西日本睦会 中川組組長:中川至道 - 小林功(16)
  • 野城組組長:野城邦夫 - 大久保了
四国
  • 松山 西日本睦会 四国会会長 龍仁一家総長:赤瀬健児 - 石山雄大
  • 高松 西日本睦会 四国会 義仁会会長:国宗豊 - 諏訪太郎
  • 高知 西日本睦会 四国会 伊勢脇一家総長:麻岡光利 - 横澤祐一
  • 高知 西日本睦会 四国会 伊勢脇一家若頭:吉門康平 - 川本淳市(11)
  • 徳島 西日本睦会 四国会 後藤田組組長:伊月寛 - 金野学
  • 憂国義勇党代表:猪塚正美 - 山口粧太(10)
九州
沖縄
中国系マフィア
警察
その他
ナレーション

スタッフ編集

  • 監督:山本芳久(1-17)→濱水信(18-26)→辻裕之(27-)
  • 営業統括:木山雅仁(オールイン エンタテインメント 1-7)→人見剛史(オールイン エンタテインメント 8-)→鈴木祐介(オールイン エンタテインメント→ライツキューブ)
  • 企画:山本ほうゆう(原案・企画 1-17)→HIDE(18-23)→ワールドムービープロダクション(24-)→ライツキューブ
  • プロデューサー:渋谷正一・山本芳久(1-5)→山本芳久・渋谷正一(6-14)→山本芳久・山鹿孝起(15-17)→天海武尊・山鹿孝起(18-20)→天海武尊・小林壽夫(21-24)→小林壽夫(25・26)→小林壽夫・山鹿孝起(27)→小林壽夫(28・29)→河野博明・服巻泰三(30-32)→服巻泰三(33-)
  • ラインプロデューサー:旭正嗣(1-13)
  • ポストプロダクションプロデューサー:小川幸一(14-29)
  • 脚本:辻裕之・山本芳久(1-3)→岬英昭(4・5)→村田啓一郎・山本芳久(6-13)→江面貴亮・山本芳久(14)→山本芳久(15)→山神スダチ・山本芳久(16・17)→晦日師走・山神スダチ(18-20)→山神スダチ・晦日師走・桔梗修司(21-23)→晦日師走・原田晴司・桔梗修司(24)→原田晴司・濱水信(25)→原田晴司(26)→村田啓一郎(27-)
  • 撮影:小山田勝治・下元哲(1-4)→小山田勝治(5-29)→今井裕二(30-38)→今井裕二・岡雅一(39-)
  • 録音:功刀康久→廣木邦人→池田知久→飴田秀彦→廣木邦人→沼田和夫→飴田秀彦→郡弘道→沼田和夫→臼井勝→沼田和夫
  • 編集:小川幸一(1-32)→加藤功(33-35)→恒川岳彦(36-)
  • 整音効果:藤本淳(1-6)
  • 音響効果:藤本淳(7-14)
  • 音楽:SHU(1-23)→GDXakaSHU(24-)
  • ガンエフェクト:浅生マサヒロ
  • 衣裳協力:BBCO(1-)、MAD STAR UNDERGROUND STYLE(1・2・3)、Omerta(1・2・3)
  • 制作協力:アスプロスドラーゴ(1-17)→TAO Entertainment(21-26)→力車フィルム(27-29)
  • 制作:メディア・ワークス(1-17)→ワールドムービープロダクション(18-29)→ソリッドフィーチャー(30-)
  • 製作:アドバンス→日本統一製作委員会→スターコーポレーション21
  • 販売元:オールイン エンタテインメント(1-44)、ライツキューブ(45-)

シリーズ一覧編集

日本統一編集

タイトル セルリリース日 備考
日本統一 2013/08/02 劇場公開作品(2013/07/13公開)[1]
日本統一2 2013/10/04
日本統一3 2013/12/06
日本統一4 2014/03/07
日本統一5 2014/06/06
日本統一6 2014/08/01
日本統一7 2014/10/03
日本統一8 2014/12/05
日本統一9 2015/02/06
日本統一10 2015/04/03
日本統一11 2015/06/05
日本統一12 2015/08/07
日本統一13 2015/10/02
日本統一14 2015/12/04
日本統一15 2016/02/05
日本統一16 2016/04/01
日本統一17 2016/06/03
日本統一18 2016/09/02
日本統一19 2016/11/04
日本統一20 2017/01/06
日本統一21 2017/03/03
日本統一22 2017/05/05
日本統一23 2017/07/07
日本統一24 2017/09/01
日本統一25 2017/11/03
日本統一26 2018/01/25
日本統一27 2018/03/25
日本統一28 2018/05/25
日本統一29 2018/07/25
日本統一30 2018/10/26
日本統一31 2018/12/25
日本統一32 2019/02/25
日本統一33 2019/04/25
日本統一34 2019/06/25
日本統一35 2019/08/25
日本統一36 2019/11/25
日本統一37 2020/01/25
日本統一38 2020/03/25
日本統一39 2020/05/25
日本統一40 2020/07/25
日本統一41 2020/09/25
日本統一42 2020/11/25
日本統一43 2021/01/25
日本統一44 2021/03/25
日本統一45 2021/05/25
日本統一46 2021/07/25予定

日本統一 DVD-BOX編集

タイトル セルリリース日
日本統一 DVD-BOX (1-10巻) 2018/08/25
日本統一 DVD BOX II (11-20巻) 2018/12/25

日本統一 DVD SUPER VALUE PACK編集

タイトル セルリリース日
日本統一 DVD SUPER VALUE PACK 1 (1-10巻) 2021/01/25
日本統一 DVD SUPER VALUE PACK 2 (11-20巻) 2021/02/25

日本統一外伝編集

タイトル 主演 セルリリース日
日本統一外伝 川谷雄一 川谷雄一(小沢仁志 2019/10/25
〜日本統一外伝〜 山崎一門 山崎一門 2020/06/25
〜日本統一外伝〜 山崎一門2 山崎一門 2020/08/25
日本統一外伝 田村悠人 田村悠人(山口祥行 2021/04/25
日本統一外伝 田村悠人2 田村悠人(山口祥行) 2021/05/25予定

日本統一 エピソード集編集

タイトル セルリリース日
日本統一 エピソード集I 叔父貴ノ愛 2021/02/25
日本統一 エピソード集II 兄弟ノ絆 2021/02/25
日本統一 エピソード集III 首領ノ恋 2021/03/25
日本統一 エピソード集Ⅳ 二人ノ若 2021/04/25
日本統一 エピソード集Ⅴ リモート会議 2021/06/25予定

クロスオーバー編集

タイトル セルリリース日
すじぼり 第9話・第10話(『すじぼり』DVD-BOXに収録)[3] 2019/12/25
TOKYOドラゴン飯店 負けるな!!琉球占い師リオちゃん![4] 2020/12/25

配信編集

『日本統一』を配信しているのは、NetflixHuluU-NEXTAmazonプライム・ビデオdTVなど[5]。Netflixでは「今日の映画TOP10」の邦画部門で上位の常連である[5]

備考編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 日本統一|MOVIE WALKER PRESS”. 株式会社ムービーウォーカー (2013年). 2021年2月21日閲覧。
  2. ^ 【木曽さんちゅうは“ぷちビッグダディ”】第118回「ぷちビッグダディのVシネマに思うこと」
  3. ^ 『すじぼり』DVD-BOX収録全10話のうち、第9話と第10話が『日本統一』とコラボ。レンタルにおいては、DVD『日本統一×すじぼり』全4巻としてレンタルされており、「すじぼり」とのコラボの第9話と第10話は4巻に収録。また、1巻に「日本統一 野望勃発編」、2巻に「日本統一 抗争激動編」、3巻に「日本統一 侵攻攻略編」と題した総集編を収録(この総集編は、森羅万象によるナレーションは一部新録されているが、『エピソード集』のような出演キャストらによる新撮映像はない)。
  4. ^ 本宮泰風山口祥行が主演の映画『TOKYOドラゴン飯店』に登場するキャラクター「琉球占い師リオちゃん(演:MICHI)」を主役に据えたスピンオフドラマ(全4話)。第1話では、『日本統一』から「川上章介(演:中澤達也)」、「坂口丈治(演:北代高士)」、「中島勇気(演:舘昌美)」の3人が設定そのままに出演している。また、田村悠人の飼い犬である「ダンベルちゃん」も同役で第1話、第3話に出演している(出演クレジットも「ダンベルちゃん」)。なお本宮泰風と山口祥行も第3話、第4話に出演しているが、それぞれ氷室蓮司役と田村悠人役ではなく、『TOKYOドラゴン飯店』の龍役と辰役としての出演である。『日本統一』にも登場した田村の飼い犬「ダンベルちゃん」は、山口祥行がプライベートで飼っている愛犬である。山口が泊まりロケで面倒を見ることができない時は、勝矢、本宮泰風、小沢仁志らに自宅の合鍵を渡し、世話をしてもらっている(【対談拒絶!?】山口祥行にいきなり噛みつかれたが、さらりとここだけの話を聞かせてくれた。- 中野英雄のYouTuBARより)。
  5. ^ a b Vシネマ「日本統一」で氷室蓮司はヤクザ社会を統一し、本宮泰風は大スターになれるか│デイリー新潮”. 新潮社 (2021年1月24日). 2021年2月20日閲覧。
  6. ^ “たけしのこれがホントのニッポン芸能史(14) 名悪役の懐かしい映像が続々!“おぬしも悪よのう”の真実とは?│NHKクロニクル 番組表ヒストリー”. NHK. (2018年7月14日). https://www2.nhk.or.jp/archives/chronicle/pg/page010-01-01.cgi?hensCode=000020400260401003670 2020年2月8日閲覧。 
  7. ^ “東京地検特捜部が狙う「秋元司代議士」、任侠ものVシネマに“マル暴刑事”で出演”. デイリー新潮. (2019年12月24日). https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12241102/ 2019年12月25日閲覧。 
  8. ^ “秋元議員 ノリノリでVシネマ出演した揚げ句に逮捕で制作会社まさかの…”. 東スポWeb. (2020年1月23日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1702626/ 2021年1月31日閲覧。 

外部リンク編集