日本美術

日本の視覚芸術

日本美術(にほんびじゅつ)には、実に多様な種類がある。工芸漆工金工陶芸七宝染織工芸等)、彫刻絵画書道など、その種類は多い。また長い歴史をもっており、日本に人間が住み始めた紀元前10000年頃から現在まで継承されている。

仏教美術興福寺の阿修羅像、734年

概要 編集

紀元前10000年頃を起源とする日本の芸術文化は、歴史的に見ると新文化あるいは外国の考えが突然流入してくる時期があり、その後に海外との接触がほとんどない時期が長く続いている。年月を経て日本人は外国文化の要素を吸収し、真似、そして同化して日本独特の美的嗜好を完成させる能力を身につけた。日本における最初の複雑な美術は仏教と密接に関連付けられたもの(仏教美術)で、78世紀頃に生まれた。9世紀になり、日本が次第に中国と距離を置き、自国の表現方法を生み出し始めると、今度は非宗教的な美術に重点が置かれた。10世紀から12世紀までの国風文化院政期文化の時代には、日本人好みの文化「和様」が洗練されていった。寝殿造和様建築には浄土教の影響を受けた浄土式庭園が造成された。禅宗が盛んになる13世紀中期以降は枯山水が流行し、15世紀後期まで、仏教美術と非宗教美術の双方ともが繁栄した。応仁の乱1467年-1477年)後100年以上にわたり、日本では政治的、社会的、そして経済的に分裂した戦国時代に突入した。

 
日本庭園後楽園1700年完成)

徳川幕府が治める江戸時代に入ると、組織的宗教は人々の生活にはほとんど影響を及ぼすことはなくなり、残った美術は非宗教的なものばかりであった。日本庭園は、17世紀初期より大名の広大な邸宅に回遊式庭園が造られるようになった。

絵画は日本では良質な芸術表現として好まれ、プロもアマも同じように制作を行っている。現代に至るまでは日本人はペンよりも筆をよく用い、古くから筆になじんでいたため、絵画の美しさや価値を鑑定する眼は鋭かった。

 
浮世絵写楽作、1794年

江戸時代にいわゆるポップカルチャーサブカルチャー)が大人気となるにつれ、浮世絵と呼ばれる木版画が主要な芸術手段となり、浮世絵の技術は日刊新聞から教科書にいたるまで用途にぴたりとあった色彩豊かな作品を生み出した。この時期の日本人は彫刻を芸術的な表現として好まなくなっていた。というのは、日本の彫刻の大部分は宗教と密接につながっており、伝統的な仏教が次第に力を持たなくなった日本社会においては彫刻は衰退していった。

日本の陶芸は優れており、日本文化においても最も古い歴史がある。日本建築においては、天然素材と建物の外部と内部の空間の調和へのこだわりという日本人の嗜好がよく現れている。

今日の日本は、真に新しい思想をはらみ、世界を包括し、様々な文化を統合した(あるいは文化を持たない)トレンドを生み出すことで、現代美術、ファッション、建築などにおいて他国と競うほどの影響力を持つ。

明治に入り西洋の文化が導入され、今までの大和絵や唐絵、墨絵といった従来の絵画に、西洋画が加わった。それに伴い従来の日本独自の絵画表現が、西洋画に対抗して日本画 [1]と名付けられた。 従来あった絵画様式を継承しながらも、新しい絵画の領域が誕生したのである。世界美術の中の日本画の位置づけはまだ確立していない。今までの大和絵や浮世絵と同列に認識されている。

日本美術の種類 編集

絵画 編集

古墳時代の後期にはすでに装飾古墳壁画が描かれていた。

奈良時代から平安時代にかけて、中国朝鮮半島などから仏教絵画が伝えられ、その技法や様式、あるいはそれに倣い日本で描かれた図画が「唐絵」と呼ばれた。これに対して日本的な主題を描くものが産まれ「大和絵」と呼ばれ、絵巻物等が造られた。

鎌倉時代には禅宗とともに水墨画が伝えられ、室町時代には文人画が伝わった。 室町時代中期には画派狩野派が興まり、御用絵師として幕府からの命を受けて動植物の「写生画」や「障屏画[2]」等を手掛ける。

安土桃山時代後期には琳派が興まり近代まで活躍した。

土佐派や狩野派から転身した者や庶民階級の絵師が風俗画を描き始め、浮世絵の源流を形作る。

明治維新以降、西洋から洋画油彩画水彩画)が伝わり日本画と対照される。

彫刻 編集

現存する最古の彫刻は、縄文時代につくられた「土偶」である[3]。すなわち、日本の彫刻史はこの時代に幕を開けたのである。日本の彫刻のほとんどは、飛鳥時代・6世紀半ばの仏教伝来から江戸時代末期・19世紀後半までの間につくられた仏像神像肖像である[4]。日本彫刻史において特に特筆すべきなのは平安時代鎌倉時代の彫刻であり、この時代の彫刻が質・量ともに最も充実したものであった[4]。日本の彫刻の大半は木彫であり[5]、日本彫刻史は木彫史といっても過言ではない[6]

建築 編集

日本美術の歴史 編集

縄文美術 編集

 
中期縄文器物 (30002000 BC)

最初の日本列島の住人である縄文人は、狩りや漁撈を生活の中心に据えた狩猟民であったが、のちに集団農業を行い、日本各地に大小の集落を形成した。「縄文」という名称は彼らの土器に刻まれた縄の模様にちなんでつけられたものである。縄文人は竪穴建物に住み、食べ物を料理したり貯蔵するための土器、土偶ヒスイ瑪瑙による装飾品(勾玉など)を作っていた。

弥生美術 編集

次にやって来た移民集団は弥生人である。彼らは紀元前350年頃、日本列島に到着し、水田稲作の文化と金属器の生産技術をもたらし、輪積みで形作られ野焼き焼成された弥生土器を使用した。

脚注 編集

  1. ^ 日本画は明治以降の日本独特の絵画領域 日本画家
  2. ^ 『障屏画』 - コトバンク
  3. ^ 彫刻”. 日本大百科全書 (佐藤昭夫). 2023年6月20日閲覧。
  4. ^ a b 東京国立博物館「彫刻」の展示コーナーの説明より
  5. ^ 木彫”. 日本大百科全書 (岡登貞治). 2023年6月20日閲覧。
  6. ^ <作品研究>木との対話 - CiNii Research

参考文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集