日本自然科学写真協会

日本自然科学写真協会(にほんしぜんかがくしゃしんきょうかい、Society of Scientific Photography)は、自然科学分野を中心に活動する写真家、写真愛好家の団体。略称「SSP」。

日本自然科学写真協会
SOCIETY OF SCIENTIFIC PHOTOGRAPHY
略称 SSP
前身 自然科学写真協会
設立 1978年
ウェブサイト https://www.ssp-japan.org/
テンプレートを表示

自然科学の観察や記録のなかで写真撮影の占める割合が高く、研究者や教育者の間でも接写、ハイスピード撮影、望遠鏡顕微鏡との接続など、プロ並みの撮影技術、機材が要求されることが少なくない。これに加えて、医学、工学分野まで、自然科学分野の写真撮影は広がっている。同協会には各分野で写真撮影に取り組む研究者と技術者、教職員、編集関係者らが参画している[1][2]

沿革編集

主な事業編集

  • SSP展……大都市と各地を巡回
  • 公開講座[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 会長挨拶日本自然科学写真協会サイト内
  2. ^ 設立経緯日本自然科学写真協会サイト内
  3. ^ 設立経緯日本自然科学写真協会サイト内
  4. ^ 協会の事業日本自然科学写真協会サイト内

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集