メインメニューを開く

日本航空安全啓発センター

日本航空安全啓発センター(にほんこうくうあんぜんけいはつセンター、単に安全啓発センターとも)とは、日本航空(以下、JAL)が航空安全を啓発するために運営する教育・展示・研修施設である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 安全啓発センター
Safety Promotion Center
Japan Airlines B747SR-46 (JA8119) at Itami Airport in 1984.jpg
墜落したJA8119機
日本航空安全啓発センターの位置(東京都区部内)
日本航空安全啓発センター
安全啓発センターの位置
施設情報
正式名称 日本航空安全啓発センター
専門分野 日本航空123便墜落事故
来館者数 176,000名(2016年2月末日現在)
館長 金崎豊
事業主体 日本航空
管理運営 日本航空
延床面積 622m2
開館 2006年平成18年)4月24日
所在地 144-0041
日本の旗 日本
東京都大田区羽田空港3-5-1
JALメインテナンスセンター1 6階
位置 北緯35度32分31秒 東経139度47分21秒 / 北緯35.54194度 東経139.78917度 / 35.54194; 139.78917座標: 北緯35度32分31秒 東経139度47分21秒 / 北緯35.54194度 東経139.78917度 / 35.54194; 139.78917
アクセス 東京モノレール羽田空港線新整備場駅より徒歩5分
駐車場は無い)
外部リンク 安全啓発センター
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

開設当初、東京都大田区東京国際空港(羽田空港)第2総合ビル2階にあり、東京モノレール羽田空港線整備場駅から徒歩5分圏内の場所にあったが、2013年平成25年)9月30日を以って一時閉館し、同年12月10日より、新整備場駅近くにあるJALメインテナンスセンター1内6階に場所を移し、再び開館された。

安全啓発センターの主な目的は、JALグループ社員の安全意識の確立である[1]。主な展示は1985年に起きた日本航空123便墜落事故に関するものである[2]

沿革編集

1985年昭和60年)8月12日東京国際空港(羽田空港)18:00発・大阪国際空港(伊丹空港)行きの日本航空123便は、群馬県多野郡上野村にある高天原山御巣鷹の尾根)に衝突した[3]。単独機による墜落事故としては世界最悪の犠牲者数、過去に例のないものであった[4]。 事故から遡って1978年(昭和53年)に起きた「日本航空115便しりもち事故」で、ボーイング747の後部圧力隔壁にボーイングによって不適切な修理が行われたのが原因で、致命的な構造的欠陥を引き出したことにより、墜落事故は発生した[5]

2004年(平成16年)に、JALグループに度重なる重大インシデントが起き、国土交通大臣より安全に関する業務改善命令を受けたことにより、科学・航空・危機管理で著名な作家、柳田邦男を座長とする、外部の安全に関する専門家5名で構成される第三者調査委員が、2005年平成17年)にJALによって設立された。委員会は、安全啓発センターの構築を推奨した[6]

2006年(平成18年)4月24日、安全啓発センターが開館[7]、金崎豊が館長となった[6]。安全啓発センターの主な目的の一つが、JAL従業員の安全意識の確立であった[1]2012年(平成27年)からは、JALグループの社員35,000人に、安全啓発センターの見学を義務づけた[8]

安全啓発センターを、JALが積極的に公表や広報していないにも関わらず、安全啓発センターは、平日でも毎日80名の訪問を受けている。

事故から30年が経過した2015年平成27年)には、年間延べ2万人が訪れ[9]、JAL従業員の9割以上が、事故当時の社内を知らない1986年(昭和61年)以降に入社している[8]。2015年(平成27年)9月18日には、秋篠宮文仁親王紀子妃が、安全啓発センターを視察している[10]

所在地編集

安全啓発センターは開設当初、東京国際空港にほど近い、東京国際空港整備区域の特徴のない日本航空ビル内、東京モノレール羽田空港線整備場駅近辺にあったが[1]、2013年(平成25年)10月1日に閉館し[11]、同年12月10日より東京モノレール羽田空港線新整備場駅付近のM1ビル内6階に移設されている[12]

無料で一般公開されているが、JALグループ従業員の社員教育が優先されるため事前予約が必要で、施設が指定した集合時間に参集して見学する形となり、12歳未満の見学はできない[1]

展示編集

 
不適切な修理の図解

後部胴体や尾翼の残骸、後部圧力隔壁、ボイスレコーダーフライトデータレコーダーのグラフ、破壊されたエコノミークラスの座席、救命胴衣、乗客の腕時計、事故に関する新聞記事、そして事故の様子を捉えた写真が展示され、また図書室が附属しており、社員研修に使用されている。一般人の訪問時には、啓発センターの職員によるガイドが付く。

事故機は、トラブル発生後直ちに墜落した訳ではなく、乗客が遺書や家族に宛てた手紙を書く時間があった。それらのうち幾つかが展示されている[6]。また、JALにおける他の歴史的な航空機事故をも展示している[1]

移転前の安全啓発センターの床面積は622m2[7]だったが、移転後はおよそ1000m2[12]に拡大された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 安全啓発センター”. 2015年10月20日閲覧。
  2. ^ JAL's Safety Promotion Center with 1985 jet wreckage opens. Industry & Business Article - Research, News, Information, Contacts, Divisions, Subsidiaries, Business Associations” (2006年4月24日). 2010年9月18日閲覧。
  3. ^ TIME (2005年6月21日). “Last Minutes of JAL 123,”. 5. 2010年9月18日閲覧。
  4. ^ Magnuson, Ed (2005年6月21日). “Disasters: Last Minutes of JAL 123”. Time. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1074738-1,00.html 2010年5月23日閲覧。 
  5. ^ ASN Aircraft accident description Boeing 747SR-46 JA8119 - Ueno”. 2010年9月18日閲覧。
  6. ^ a b c Stanley, Bruce (2006年7月27日). “Japan Airlines exhibits contrition for '85 crash”. Pittsburgh Post-Gazette. http://www.post-gazette.com/pg/06208/709077-82.stm 2010年9月18日閲覧。 
  7. ^ a b JAL、安全啓発センターを開設” (2006年4月19日). 2010年9月18日閲覧。
  8. ^ a b “日航機墜落から30年―事故を知らない社員が9割以上に”. ニュースイッチ (日刊工業新聞). (2015年8月12日). http://newswitch.jp/p/1679 2016年5月30日閲覧。 
  9. ^ 吉野太一郎 (2016年3月11日). “「見たくない人は多かった。でも...」日航機墜落事故の遺族が、機体保存を望んだ理由【「遺す」とは】” (日本語). ハフィントンポスト. http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/10/jal-123-miyajima-kuniko_n_9426370.html 2016年5月30日閲覧。 
  10. ^ “秋篠宮ご夫妻 日航機墜落事故の展示施設を視察”. テレ朝ニュース (テレビ朝日). (2015年9月18日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000059015.html 2016年5月30日閲覧。 
  11. ^ “日本航空安全啓発センター見学のご案内” (プレスリリース), (2013年), オリジナルの2013年7月29日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130729043312/http://www.jal.com/ja/flight/safety/center/visit.html 2017年2月25日閲覧。 
  12. ^ a b “日航ジャンボ機事故、展示施設が移転・再開 安全へ誓い新た”. 日本経済新聞. (2013年12月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0905P_Q3A211C1CC0000/ 2018年7月29日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集