メインメニューを開く

日本航空351便ハイジャック事件(にほんこうくう351びんハイジャックじけん、Japan Airlines Flight 351)は、1972年11月6日日本航空機で発生したハイジャック事件。

日本航空351便ハイジャック事件
Boeing 727-46, Japan Airlines (JAL) JP6839064.jpg
ハイジャック機と同型機のボーイング727
出来事の概要
日付 1972年11月6日
概要 ハイジャック(乗員乗客解放後、警察官が犯人を逮捕)
現場 日本羽田空港
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 0
生存者数 全員
機種 ボーイング727
運用者 日本航空 (JAL)
出発地 東京国際空港
目的地 福岡国際空港
テンプレートを表示

概要編集

1972年11月6日、羽田空港福岡空港行きボーイング727を覆面をした男が乗っ取り、キューバへの亡命を要求した。「(ボーイング727が)短距離機であるため不可能である」と機長が拒絶し、同機は羽田に引き返し、乗客として搭乗していた江利チエミ三田明などの著名人が人質となった。

当時本事件の対策本部の一員であった佐々淳行によると、犯人は飛行中の機内から使用済の少額紙幣で100万ドル、パラシュートと手錠、シャベルを要求したが、その要求内容は警察の対策本部を混乱させた。

膠着状態の後、犯人は逃亡用の機材としてダグラス DC-8を用意させ、乗客を解放した後、自らがDC-8に移動したところで潜伏していた警察官逮捕され、逃亡は未遂に終わった。在米日本人の単独犯で、目的地が社会主義国のキューバだったことから政治的背景も取り沙汰されたが、取調で無関係だったことが判明した。

その他編集