メインメニューを開く

日本西洋古典学会(にほんせいようこてんがっかい、英:The Classical Society of Japan[1])は、日本における西洋古典学学会である。1950年10月22日[1]、第一回大会と同時に設立[2]。日本における西洋古典学の研究と普及に従事と、会員同士の研究上の連絡・親睦を目的とする[1]。事務局所在地は京都大学西洋古典学研究室[3]。2016年-2018年の委員長は逸身喜一郎[4]

学会誌として、和文・欧文混合の「西洋古典学研究」(1953年創刊)[1][5]と、欧文のJapan Studies in Classical Antiquity(JASCA、2011年創刊)[1][6]を刊行している。また、大会は毎年5月から6月頃に行われる[7]

設立には、呉茂一(初代委員長)、田中美知太郎(第2代委員長)、高津春繁村川堅太郎[8]松平千秋の他、出版社の生活社[9]などが携わった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 機関詳細”. 学会名鑑. 日本学術会議日本学術協力財団科学技術振興機構. 2018年10月9日閲覧。
  2. ^ 岡道男. “日本西洋古典学会創立50周年特別記念講演会”. 特別記念講演会挨拶. 日本西洋古典学会. pp. 1-2. 2018年10月9日閲覧。
  3. ^ 日本西洋古典学会規約”. 日本西洋古典学会. 2018年10月9日閲覧。
  4. ^ 日本西洋古典学会役員”. 日本西洋古典学会. 2018年10月9日閲覧。
  5. ^ 西洋古典学研究”. 日本西洋古典学会. 2018年10月9日閲覧。
  6. ^ JASCA”. 日本西洋古典学会. 2018年10月9日閲覧。
  7. ^ 研究発表大会”. 日本西洋古典学会. 2018年10月9日閲覧。
  8. ^ 『西洋古典学会』発足の頃(1)”. 日本西洋古典学会. 2018年10月9日閲覧。
  9. ^ 柳沼重剛. “日本西洋古典学会創立50周年特別記念講演会”. 学会設立前後のことども. 日本西洋古典学会. pp. 19-28. 2018年10月9日閲覧。

外部リンク編集