一般社団法人日本解剖学会(にほんかいぼうがっかい、英文名 Japanese Association of Anatomists)は、解剖学に関する学理及びその応用についての研究発表、知識の交換、会員相互及び内外の学術団体との連携協力を行うことにより、解剖学及び解剖学教育の進歩普及を図り、もってわが国の学術の発展と国民の福祉に寄与することを目的として1893年に創立された学会[1]。学会事務所を、東京都豊島区駒込駒込1-43-9 駒込TSビル4F(一財)口腔保健協会内に置いている。

沿革編集

代表者編集

理事長:岡部繁男東京大学大学院教授・神経細胞生物学

会員数編集

2,335名

総会編集

日本解剖学会総会・全国学術集会

  • 年1回開催(3月頃)

機関誌編集

  • 解剖学雑誌(年間1回発行、2350部) [2]
  • Anatomical Science International(年間4回発行、2350部)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集