日本解放社会学会

日本解放社会学会(にほんかいほうしゃかいがっかい)は、差別問題の解決・人間解放の達成を目指す解放社会学を研究し、その発展普及を図ることを目的とする学術組織である。日本の社会学者研究者院生・社会運動家・市民運動家を対象とした学術組織である。

1985年昭和60年)創設(前身は解放社会学研究会)。学会機関誌は『解放社会学研究』(年1回発行)である。学会大会は年に1回(9月上旬頃が目安)行われる。

初代会長は江嶋修作、以下、鐘ヶ江晴彦福岡安則志村哲郎亘明志、山田富秋らが歴代会長となり、現会長は金明秀(関西学院大学)である。

現在の有力メンバーとして、中根光敏(事務局長)、三浦耕吉郎河口和也風間孝堀江有里野村浩也ましこ・ひでのり山口恵子北川由紀彦黒坂愛衣らがいる。

外部リンク編集