日本農業実践学園

日本農業実践学園

日本農業実践学園(にほんのうぎょうじっせんがくえん)は、茨城県水戸市にある農業の専修学校。 農場実習を主体とした、農業の実践的教育を行う学校である。

沿革編集

  • 1925年大正14年) - 社団法人「日本国民高等学校協会」が設立
  • 1927年昭和2年) - 茨城県友部町に農村中堅人物の養成を目的に日本国民高等学校として開校。初代校長は加藤完治
  • 1935年昭和10年) - 茨城県東茨城郡内原町の現在地に移転
  • 1950年昭和25年) - 新制高等学校設置に伴い、校名を日本高等国民学校と改める
  • 1980年昭和55年) - 高学歴化に伴い、校名を日本農業実践大学校と改める
  • 1991年平成3年) - 校名を日本農業実践学園と改め、文部省より大学受験資格の認可を受ける

設置学科編集

  • 本科
  • 高等科
  • 専修科

所在地編集

施設編集

  • 水田10ha、乾燥・精米施設
  • 水耕栽培ハウス(JGAP認証取得)
  • 有機野菜圃場(JAS認証取得)
  • フリーストール牛舎、ミルキングパーラー
  • 農産加工施設、畜産加工施設
  • 直売所

外部リンク編集