日本電子材料株式会社(にほんでんしざいりょう)は、兵庫県尼崎市に本社を置く半導体メーカー。プローブカードの国内トップシェアで、世界でも第2位のシェアを有する。

日本電子材料株式会社
JAPAN ELECTRONIC MATERIALS CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6855
1998年8月21日上場
略称 JEM
本社所在地 日本の旗 日本
660-0805
兵庫県尼崎市西長洲町2丁目5番13号
設立 1960年4月6日
業種 電気機器
法人番号 1140001050335 ウィキデータを編集
事業内容 半導体検査用プローブカード製造他
代表者 代表取締役社長 風間悦男
資本金 9億8,310万円
発行済株式総数 10,604,880株
売上高 単独99億14百万円
連結121億93百万円
(2015年3月期)
純資産 単独88億14百万円
連結106億4百万円
(2015年3月)
総資産 単独130億9百万円
連結152億88百万円
(2015年3月)
従業員数 単独490名
連結913名
(2015年3月)
決算期 3月31日
主要株主 (有)大久保興産 12.41%
(2015年3月)
外部リンク http://www.jem-net.co.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1960年 - 兵庫県尼崎市口田中字野上(現:兵庫県尼崎市御園1丁目)に日本電子材料株式会社を設立し、ブラウン管用カソード・ヒーター等の電子管部品の製造販売を開始。
  • 1962年 - 東京都板橋区に東京営業所(現:東京営業)を新設。
  • 1965年 - 蛍光文字表示用電子管を開発し、製造販売を開始。
  • 1970年 - 米国のRucker & Kolls(ルッカー&コールス)社と技術提携し、ICLSI等の検査用部品プローブカードの製造販売を開始。
  • 1982年 - 静岡県静岡市に静岡工場を新設し、プローブカードの製造を開始。
  • 1983年 - 静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)に東海ハイテック株式会社を設立。
  • 1985年 - 熊本県菊池郡七城町(現:菊池市七城町)に熊本工場(現:熊本事業所)を新設し、プローブカードおよびブラウン管用ヒーターの製造販売を開始。
  • 1987年 - 米国カリフォルニア州フリーモント市にJEM AMERICA CORP.を設立。兵庫県尼崎市西長州本通3丁目(現:兵庫県尼崎市西長州町2丁目)に本社を移転し、旧本社工場の名称を尼崎工場に変更。
  • 1988年 - 香港九龍にJEM (HONG KONG) CO.,LTD.を設立し、中国広東省深セン市に深セン工場を新設し、ブラウン管用カソード・ヒーター等の電子管部品の製造販売を開始。
  • 1989年 - JEM AMERICA CORP.の工場が操業しプローブカードの製造販売を開始。
  • 1993年 - 大型開口部なしプローブカードを開発し、製造販売を開始。台湾新竹市にト雷氏科技股有限公司(現:JEM TAIWAN PROBE CORP.)を設立し、プローブカードの製造販売を開始。
  • 1994年 - VCシリーズ(垂直接触型プローブカード)を開発し、製造販売を開始。
  • 1995年 - プローブ先端クリーニング装置(ニードルドレッサーおよびクリーニングシート)を開発し、製造販売を開始。
  • 1996年 - 熊本工場に第2工場を増設。
  • 1997年 - 英国にJEM EUROPE LTD.を設立。尼崎工場のプローブカード製造部門を移転し、兵庫県尼崎市西長州町2丁目に本社工場を新設。
  • 1998年 - 熊本工場に第3工場を増設。 日本証券業協会(現:ジャスダック)に株式を店頭登録。熊本工場がISO 9001の認証を取得。
  • 1999年 - 東京営業を神奈川県川崎市に移転。JEM TAIWAN PROBE CORP.を竹北市に移転。韓国ソウル特別市に合弁会社同和JEM株式会社を設立。
  • 2001年 - VSシリーズ(垂直スプリング接触型プローブカード)を開発し、製造販売を開始。VHシリーズ(高密度垂直接触型プローブカード)を開発し、製造販売を開始。
  • 2003年 - 本社西館を増築。電子事業部(現:電子)を兵庫県尼崎市西長州町2丁目に移転。中国上海市に上海日智電子有限公司を設立する。VRシリーズ(垂直スプリング接触型プローブカード(チップサイズパッケージ用))を開発し、製造販売を開始。仏国にJEM EUROPE S.A.R.L.を設立。JEM AMERICA CORP.がISO 9001認証を取得。
  • 2004年 - 本社地区、静岡工場、東京営業がISO 9001認証を取得。本社地区、熊本工場、静岡工場、東京営業がISO 14001認証を取得。
  • 2005年 - 東京証券取引所市場第2部に株式を上場。ジャスダック証券取引所の上場を廃止。静岡工場を分社化し、JEM静岡株式会社を設立。STAr社と業務提携、台湾ビジネスの強化を計る。
  • 2006年 - 東京証券取引所市場第1部に指定替え。東海ハイテック株式会社を清算。
  • 2007年 - 兵庫県小野市にJEMファインテック株式会社を設立。
  • 2009年 - JEM静岡株式会社を合併(同社の製造機能は熊本工場に統合)。熊本工場を熊本事業所とする。
  • 2013年 - 東京営業を神奈川県横浜市に移転。JEMファインテック株式会社の解散を決議(2013年度内に清算結了)。

事業所編集

  • 熊本事業所 - 熊本県菊池市七城町蘇崎1396番5
  • 東京営業 - 神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目13番地13 KM第一ビルディング8階

関連会社編集

  • JEM AMERICA CORP.
  • 香港日本電子材料有限公司(JEM (HONG KONG) Co.,Ltd.)
  • 台灣傑睦股有限公司(JEM TAIWAN PROBE CORP.)
  • JEM EUROPE S.A.R.L.
  • 上海日智電子有限公司(JEM Shanghai Co.,Ltd.)
  • 同和JEM株式会社(合弁会社)

以前存在した関連会社(統合等により現存せず)編集

  • 東海ハイテック株式会社
  • JEM静岡株式会社(2009年4月吸収合併)
  • JEM(SINGAPORE)PTE.LTD.
  • JEMファインテック株式会社

外部リンク編集