公益社団法人 日本顕微鏡学会(にほんけんびきょうがっかい、英語: The Japanese Society Of Microscopy (JSM)[1][2])は、日本学術研究団体の一つ。

概要編集

1949年5月13日設立[1]。学術研究団体としての種別は単独学会[1]

顕微鏡学英語版に関わる研究発表、知識の交換並びに社会との連絡連携の場となり、顕微鏡学の進歩発展を図り、学術・文化の発展に寄与することを目的としている[1]

国内においては日本工学会に、国際学術連合体としては国際顕微鏡学会連合に加入している[1]

沿革編集

  • 1949年 - 社団法人顕微鏡学会設立。
  • 2002年 - 社団法人日本顕微鏡学会に改称。
  • 2012年 - 公益社団法人日本顕微鏡学会へ移行。

刊行物編集

顕微鏡編集

  • 誌名(和文):顕微鏡
  • 誌名(欧文):-
  • 創刊年:1950
  • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
  • 使用言語:日本語のみ
  • 発行形態:印刷体
  • 著作権帰属先:学会
  • クリエイティブコモンズ:定めていない
  • 購読:有料

Microscopy編集

  • 誌名(和文):-
  • 誌名(欧文):Microscopy
  • 創刊年:1952
  • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
  • 使用言語:英語のみ
  • 発行形態:印刷体、eジャーナル
  • 著作権帰属先:学会
  • クリエイティブコモンズ:定めていない
  • 購読:有料

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 機関詳細 - 公益社団法人 日本顕微鏡学会”. 学会名鑑. 2021年6月20日閲覧。
  2. ^ 学会HP”. 公益社団法人 日本顕微鏡学会. 2021年6月20日閲覧。

参考文献編集

  • 日本学術協力財団 編 『学会名鑑 2007-2009年版』日本学術協力財団、2007年。ISBN 4939091074 

外部リンク編集