日本音声製作者連盟

一般社団法人日本音声製作者連盟(いっぱんしゃだんほうじん にほんおんせいせいさくしゃれんめい、英語: Japan Audio Producers' Association)は、日本業界団体紫水会(しすいかい)を前身とし、日本音声製作者連盟(にほんおんせいせいさくしゃれんめい)を経て、有限責任中間法人日本音声製作者連盟(ゆうげんせきにんちゅうかんほうじん にほんおんせいせいさくしゃれんめい)を改組し発足した。

一般社団法人日本音声製作者連盟
団体種類 一般社団法人
設立 2003年4月1日[1]
所在地 東京都新宿区四谷3丁目8番地9
三井ビル5階[2]
北緯35度41分15.3秒 東経139度43分14.1秒 / 北緯35.687583度 東経139.720583度 / 35.687583; 139.720583座標: 北緯35度41分15.3秒 東経139度43分14.1秒 / 北緯35.687583度 東経139.720583度 / 35.687583; 139.720583
法人番号 3011105002092
起源 紫水会[3]
日本音声製作者連盟[3]
有限責任中間法人日本音声製作者連盟[3]
活動内容 内外関連文化団体との
提携及び交流[1]
映像文化発展のための事業[1]
業界社会的地位
向上のための広報活動
および出版事業[1]
音声製作物に関連する
権利の確立及び擁護[1]
「再放送使用料」の
徴収、分配業務[1]
会員数 正会員40社[1]
準会員1社[1]
ウェブサイト 日本音声製作者連盟 - アニメ音響制作 外国映画・海外ドラマ日本語版制作
テンプレートを表示

概要編集

日本において音声制作を手掛ける企業のための一般社団法人である[4]音声制作会社にとっては、日本で唯一の業界団体である[4]。もともとは、労働問題を音声制作会社の立場から議論するために発足した組織であり、声優翻訳者らの権利者組合と対峙し、団体協約などの交渉を重ねてきた。

特徴編集

日本音声製作者連盟は、音声制作業界の安定や発展を目指している[4]日本語圏外で制作された映画ドラマドキュメンタリーアニメーションゲームなどといった各コンテンツ吹替版の制作を手掛ける企業[4]、日本語圏内で制作されたアニメーションやゲームの音響の制作を手掛ける企業などにより構成されている[4]。具体的な活動としては、関連団体との団体協約や覚書の締結と履行[5]、制作環境の改善[5]、音声制作物のデータベースの構築[5]、といった事業を展開している[5]。また、音声制作に関する広報[5]、音声制作に関する書籍刊行[5]、音声制作の振興[5]、などといった事業も手掛けている。そのほか、イベントへの協賛や後援なども行っている[5]

沿革編集

1960年代の日本では、声優に対する理不尽な扱いが横行しており[6]、待遇の低さが大きな問題となっていた[6]。日本の各放送局は、吹替ラジオドラマにてだけで演技する俳優と、テレビにてを出して演技する俳優との間で、出演料に大きな差をつけていた[6]。顔を出さないのだから、との理由により、吹替やラジオドラマの俳優には低額の出演料しか支払わないということが横行していた[6]。これに対し、声優を含む俳優らは任意団体である日本放送芸能家協会を結成し[7][8]、待遇の改善を要求するようになった。1970年代に入ると、声優や翻訳者などの権利者から再放送時の二次使用料を支払うよう要求する動きが活発化し、事業協同組合化された協同組合日本放送芸能家協会の流れを汲む協同組合日本俳優連合[9]協同組合日本放送作家組合の流れを汲む協同組合日本脚本家連盟とが、互いに協力し合って主張を展開するようになった[10]。一方、音声制作会社は、業界団体が存在しなかったため各社ばらばらで個別に権利者組合と交渉してきたが[11]、事態に対処し切れない状況となっていった[11]。それに対し、外国映画配給会社業界団体として山水会を結成し[11]、山水会が代表して権利者組合と交渉する方法を採っていた[11]。これを受け、音声制作会社も業界団体を発足させることになり[11]1971年に音声制作会社7社による紫水会が結成された[11][3]

1978年、紫水会は発展的に解消するとともに[3]、音声制作会社10社により新たに任意団体として日本音声製作者連盟が発足した[3]。同年より業務を開始し[3]、再放送に伴う使用料の徴収や分配をスタートさせた[3]。なお、同年中には、協同組合日本俳優連合と「外国映画日本語版の出演に関する協定書」を締結するとともに[3]、協同組合日本脚本家連盟と「外国映画日本語版の翻訳著作物使用に関する協定書」を締結した[3]1981年には、動画連盟や協同組合日本俳優連合と「テレビ放送用アニメーション番組の出演並びに音声制作に関する協定書」を締結した[3]

2003年有限責任中間法人に移行した[3]。そのため、日本音声製作者連盟では設立年月日を2003年4月1日としている[1]公益法人制度改革に伴い、2009年一般社団法人に移行した[3]

略歴編集

構成編集

※はドルビーアトモスに対応

正会員編集

準会員編集

関係団体編集

在籍した人物編集

括弧内は在籍当時の代表的な役職、ハイフン以降は現職・元職問わずその他の代表的な役職を示す。

著作編集

編纂編集

  • 『音声制作者の自画像と夢――映像にいのちを吹き込んできた50年』日本音声製作者連盟、2001年

企画、監修、等編集

  • 日本音声製作者連盟企画・監修『日本音声製作者名鑑――アニメ・洋画・ゲームソフト声優・制作スタッフのすべて』2004年版、小学館2004年ISBN 4095263016
  • 日本音声製作者連盟企画・監修『日本音声製作者名鑑――アニメ・洋画・ゲーム・ネットコミック声優・制作スタッフのすべて』2007年版、小学館、2007年ISBN 978-4-09-526302-1
  • 日本音声製作者連盟監修『吹き替え文化の明日に向かって――音声連30年の記録』日本音声製作者連盟、2008年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 「概要」『» 概要日本音声製作者連盟 - アニメ音響制作 外国映画・海外ドラマ日本語版制作』日本音声製作者連盟。
  2. ^ 「アクセス」『» アクセス日本音声製作者連盟 - アニメ音響制作 外国映画・海外ドラマ日本語版制作』日本音声製作者連盟。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「沿革」『» 沿革日本音声製作者連盟 - アニメ音響制作 外国映画・海外ドラマ日本語版制作』日本音声製作者連盟。
  4. ^ a b c d e 「音声連とは」『» 音声連とは日本音声製作者連盟 - アニメ音響制作 外国映画・海外ドラマ日本語版制作』日本音声製作者連盟。
  5. ^ a b c d e f g h 「主な業務」『» 音声連とは日本音声製作者連盟 - アニメ音響制作 外国映画・海外ドラマ日本語版制作』日本音声製作者連盟。
  6. ^ a b c d 「一つのきっかけ」『-前史- その1 | 日本俳優連合30年史 | 日本俳優連合 オフィシャルウェブサイト協同組合日本俳優連合
  7. ^ 「いよいよ設立総会へ」『-前史- その2 | 日本俳優連合30年史 | 日本俳優連合 オフィシャルウェブサイト協同組合日本俳優連合
  8. ^ 「日俳連に引き継がれた精神」『-前史- その2 | 日本俳優連合30年史 | 日本俳優連合 オフィシャルウェブサイト協同組合日本俳優連合
  9. ^ 「1979年――放芸協、日俳連が統合へ」『1978年・1979年 | 日本俳優連合30年史 | 日本俳優連合 オフィシャルウェブサイト協同組合日本俳優連合
  10. ^ 「佐藤栄作首相へ直接陳情」『1971年 | 日本俳優連合30年史 | 日本俳優連合 オフィシャルウェブサイト協同組合日本俳優連合
  11. ^ a b c d e f 「総連合構想から『日俳連』結成へ」『1971年 | 日本俳優連合30年史 | 日本俳優連合 オフィシャルウェブサイト協同組合日本俳優連合
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 「社員(正会員)」『» 加盟社一覧日本音声製作者連盟 - アニメ音響制作 外国映画・海外ドラマ日本語版制作』日本音声製作者連盟。
  13. ^ 「準会員」『» 加盟社一覧日本音声製作者連盟 - アニメ音響制作 外国映画・海外ドラマ日本語版制作』日本音声製作者連盟。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「関係団体」『» 関係団体日本音声製作者連盟 - アニメ音響制作 外国映画・海外ドラマ日本語版制作』日本音声製作者連盟。

関連項目編集

外部リンク編集