日本顎関節学会

一般社団法人日本顎関節学会(にほんがくかんせつがっかい、Japanese Society for Temporomandibular Joint;JSTMJ)とは、顎関節を中心とした学問を取り扱う専門学術団体の一つである。日本歯科医学会の専門分科会。

日本顎関節学会
正式名称 日本顎関節学会
英語名称 Japanese Society for Temporomandibular Joint
略称 JSTMJ
組織形態 一般社団法人
事務局所在地 日本
〒170-0003 
東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル
財団法人口腔保健協会内
北緯35度44分8.88秒
東経139度44分47.65秒
法人番号 3013305001304
人数 2,443名 (2013年9月30日現在)[1]
理事長 小林馨[1]
活動内容 学術大会の開催
『日本顎関節学会雑誌』の発行
専門認定
表彰等
活動領域 顎関節
設立年月日 1980年6月14日(日本顎関節研究会として)[2]
1988年(日本学関節学会として)[2]
設立者 岡達高須淳高橋庄二郎小野尊睦[2]
上位組織 日本歯科医学会
プロジェクト 日本顎関節学会専門医制度
ウェブサイト http://kokuhoken.net/jstmj/
テンプレートを表示

目次

概要編集

1980年に顎関節研究会として設立、1988年に日本顎関節学会となる。2013年9月30日現在会員数2,443名[1]。2016年現在理事長は小林馨[3]

総会編集

  • 年1回

本部事務局編集

学会誌編集

専門認定編集

  • 歯科医師
    • 日本顎関節学会専門医
    • 日本顎関節学会指導医

学会賞編集

  • 日本顎関節学会学会賞学術奨励賞
  • 日本顎関節学会学会賞学会特別賞
  • 日本顎関節学会学術大会ポスター発表優秀賞

大会等編集

月日 名称 会長 会場 テーマ 参加者数 備考
1980年 6月14日 第1回日本顎関節研究会 岡達 愛知県貿易会館 [4]
1981年 7月11日 第2回日本顎関節研究会 高須淳 大阪御堂会館 [4]
1982年 7月10日 第3回日本顎関節研究会 高橋庄二郎 東京日経ホール [4]
1983年 7月9日 第4回日本顎関節研究会 岡増一郎 福岡電気ホール [4]
1984年 7月14日 第5回日本顎関節研究会 小野尊睦 京都産業会館 [4]
1985年 7月6日 第6回日本顎関節研究会 塩田重利 東京日経ホール [4]
1986年 7月4日~5日 第7回日本顎関節研究会 渕端孟 大阪御堂会館 [4]
1987年 7月4日 第8回日本顎関節研究会 石岡靖 新潟県民会館 [4]
1988年 7月1日~2日 第1回日本顎関節学会総会・学術大会 金田敏郎 名古屋市公会堂 [4]
1989年 7月8日~9日 第2回日本顎関節学会総会・学術大会 高田和彰 広島厚生年金会館 [4]
1990年 7月19日~20日 第3回日本顎関節学会総会・学術大会 西連寺永康 九段会館 [4]
1991年 7月11日~12日 第4回日本顎関節学会総会・学術大会 平沼謙二 愛知厚生年金会館 [4]
1992年 7月2日~3日 第5回日本顎関節学会総会・学術大会 大西正俊 山梨県立県民文化ホール [4]
1993年 7月2日~3日 第6回日本顎関節学会総会・学術大会 山下敦 倉敷市民会館 [4]
1994年 7月7日~8日 第7回日本顎関節学会総会・学術大会 小林茂夫 長野県松本文化会館 [4]
1995年 7月13日~14日 第8回日本顎関節学会総会・学術大会 石橋克禮 横浜市市民文化会館 [4]
1996年 7月11日~12日 第9回日本顎関節学会総会・学術大会 小林義典 品川区立総合区民会館 [4]
1997年 7月31日~8月1日 第10回日本顎関節学会総会・学術大会 中村進治 札幌教育文化会館 [4]
1998年 7月23日~24日 第11回日本顎関節学会総会・学術大会 藍稔 東京国際展示場 [4]
1999年 6月22日~23日 第12回日本顎関節学会総会・学術大会 飯塚忠彦 国立京都国際会館 [4]
2000年 6月29日~30日 第13回日本顎関節学会総会・学術大会 神田重信 アクロス福岡 [4]
2001年 7月26日~27日 第14回日本顎関節学会総会・学術大会 井上宏 ポートピアホテル [5]
2002年 6月27日~28日 第15回日本顎関節学会総会・学術大会 天笠光雄 日本都市センター [6]
2003年 7月10日~11日 第16回日本顎関節学会総会・学術大会 伊藤学而 鹿児島市民文化ホール [7]
2004年 7月4日~5日 第17回日本顎関節学会総会・学術大会 河野正司 朱鷺メッセ 顎関節治療の最前線 [8]
2005年 7月29日~31日 第18回日本顎関節学会総会・学術大会 吉村安郎 くにびきメッセ [9]
2006年 7月19日~21日 第1回国際顎関節学会ならびに
第19回日本顎関節学会総会・学術大会
亀山洋一郎 名古屋国際会議場 [10]
2007年 7月13日~15日 第20回日本顎関節学会総会・学術大会 渡邉誠 仙台国際センター [11]
2008年 7月26日~27日 第21回有限責任中間法人日本顎関節学会総会・学術大会 覚道健治 リーガロイヤルホテル 新たな歩み:顎関節の治療と科学
New Steps Toward Art and Science in TMJ
[12]
2009年 7月25日~26日 第22回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会 福島俊士 タワーホール船堀 科学的な根拠に基づく顎関節症の治療と教育プログラム 第14回日本口腔顔面痛学会総会・学術大会共同開催[13]
2010年 7月24日~25日 第23回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会 杉﨑正志 タワーホール船堀 温故旧守・格知日新 [14]
2011年 7月23日~24日 第24回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会 丹根一夫 広島県民文化センター 顎関節症の診断・治療のパラダイムシフト
Paradigm shift of TMD diagnosis and treatment
第2回アジア顎関節学会大会併催[15][16][17]
2012年 7月14日~15日 第25回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会 柴田考典 シャトレーゼ・ガトーキングダム・サッポロ 鑑別診断を極める [18]
2013年 7月20日~21日 第26回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会 木野孔司 学術総合センター 一橋記念講堂 これからの顎関節症治療を考える [4]
2014年 7月19日~20日 第27回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会 古谷野潔 九州大学医学部百年講堂 世界の潮流から考える顎関節症治療の将来展望 [4]
2015年 7月4日~5日 第28回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会 栗田賢一 名古屋国際会議場 現代社会から求められる顎関節疾患・口腔顔面痛への対応 [4]

加盟団体編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c 一般社団法人 日本顎関節学会”. 日本歯科医学会. 2016年3月24日閲覧。
  2. ^ a b c 広告可能な顎関節症専門医資格取得をめざして”. 日本顎関節学会. 2011年12月18日閲覧。
  3. ^ 日本顎関節学会 役員会/委員会”. 日本顎関節学会. 2016年3月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 総会開催状況”. 日本顎関節学会. 2011年12月18日閲覧。
  5. ^ 『第14回日本顎関節学会総会・学術大会プログラム・抄録集』、大阪歯科大学欠損歯列補綴咬合学講座、大阪府大阪市中央区、2001年7月。
  6. ^ 天笠光雄「第15回日本顎関節学会総会・学術大会の準備状況」、『日本顎関節学会雑誌』第14巻第1号、日本顎関節学会、東京都豊島区、2002年4月、 ISSN 0915-3004
  7. ^ 河野正司「第16回日本顎関節学会総会・学術大会を終えて」、『日本顎関節学会雑誌』第15巻第2号、日本顎関節学会、東京都豊島区、2003年8月、 ISSN 0915-3004
  8. ^ 河野正司「第17回日本顎関節学会総会・学術大会を終えて」、『日本顎関節学会雑誌』第16巻第2号、日本顎関節学会、東京都豊島区、2004年8月、 ISSN 0915-3004
  9. ^ 吉村安郎「第18回日本顎関節学会総会・学術大会のご案内」、『日本顎関節学会雑誌』第16巻第2号、日本顎関節学会、東京都豊島区、2004年8月、 ISSN 0915-3004
  10. ^ 第1回国際顎関節学会ならびに第19回日本顎関節学会総会・学術大会”. 2011年1月15日閲覧。
  11. ^ 第20回日本顎関節学会”. 2011年1月15日閲覧。
  12. ^ 第21回日本顎関節学会総会・学術大会”. 2011年1月15日閲覧。
  13. ^ 第22回日本顎関節学会総会・学術大会 第14回日本口腔顔面痛学会総会・学術大会”. 2011年1月15日閲覧。
  14. ^ 第23回日本顎関節学会総会・学術大会”. 2011年1月15日閲覧。
  15. ^ 第24回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会”. 2011年1月15日閲覧。
  16. ^ 第24回日本顎関節学会学術大会開催される”. 歯科界ニュース. 医歯薬出版 (2011年7月25日). 2011年9月10日閲覧。
  17. ^ 「第24回日本顎関節学会総会・学術大会,広島で開催される 第2回アジア顎関節学会大会と併催で「顎関節症の診断・治療のパラダイムシフト」」、『ザ・クインテッセンス』第30巻第11号、クインテッセンス出版東京都文京区、2011年11月、 207頁、 ISSN 0286-407X
  18. ^ 第25回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会のご案内”. 2011年9月11日閲覧。

外部リンク編集