メインメニューを開く

日本SF作家クラブ(にほんSFさっかクラブ、SFWJ : Science Fiction and Fantasy Writers of Japan)は、1963年発足の日本SF作家・翻訳者や評論家、編集者による親睦団体であった。2017年8月24日に一般社団法人化した。

小松左京星新一筒井康隆ら日本SF界の重鎮はほとんど所属している。

1963年の設立時の英名は、Japan SF Writers Association (略称JSFWA)で[1]SF作家や科学ライターのための親睦会だったが、1999年の総会でアメリカSFファンタジー作家協会(略称SFWA)に倣って、英語表記に「Fantasy」を入れることを決定[2]。以後、SF作家のみならず、ファンタジー推理小説を主な活躍の舞台とする小説家も入会するようになった。その初期から手塚治虫など漫画家にも門戸を開いており、いしかわじゅん大友克洋京極夏彦神坂一らもメンバーに名を連ねている。

1980年から「日本SF大賞」を主催している。かつて主催していた「日本SF新人賞」「日本SF評論賞」の2賞は休止。

目次

設立の経緯編集

1963年3月5日新宿台湾料理屋山珍居において、石川喬司小松左京川村哲郎(筆名、中上守)・斎藤守弘斎藤伯好半村良福島正実星新一森優光瀬龍矢野徹の11人のSF関係者によって発足した。「日本SF作家クラブ」という名称は、江戸川乱歩が創設した推理作家による「日本探偵作家クラブ」(現・日本推理作家協会)がヒントになったものとみられる[3]。この時の会合の様子は福島正実によってオープンリールに録音されている[4]

当時『SFマガジン』編集長だった福島正実の音頭取りによる設立で、福島が意図していたのは、純文学への対抗意識とプロによるSF界のリードだったと言われる[5][6][7]

発足当時の連絡事務所は『SFマガジン』を発行する早川書房に置き[8]、実質的な会長は福島正実だったが、公的な代表として設置されていたのは事務局長で、初代事務局長は半村良、次いで大伴昌司高斎正が歴任した[3] 。一説には、会員であるSF作家を国家に見立て、事務局長は国際連合事務総長を擬制したものであったという[9]。福島死去後の1977年から会長の地位が設立され、初代会長には星新一が就任した[3]

酔っ払うと珍妙な言動をする星新一により、入会資格に「死んだ人はダメ」「宇宙人はダメ」「はダメ」[10]「星新一(178cm)より背の高い人はダメ」[11]「筒井康隆よりハンサムな人(定義不明)はダメ」「小松左京(自称85kg)より重い人はダメ」などの珍妙な条文が盛り込まれた[12]。一方で、「女性はOK」「小説家以外もOK」と門戸が広く、後に、漫画家や映像関係などヴィジュアル関連の人物が入会するのを見越した先見性があった。

活動内容編集

新幹線がなかった頃、関西方面に住んでいる会員を考慮して彼らの生活に支障がないように会合が開かれ、初期には毎月のように旅行した。宿泊先の雄琴温泉の旅館が作家とサッカーを聞き間違え、「歓迎!日本SFサッカークラブ御一行様」と歓迎の札が掲げてあった笑い話は有名である[13][14]

見学旅行には東海村原子力研究所へ行ったり、三鷹国立天文台や、NHK放送技術研究所を見学したり等[15]、さまざまなところへよく出かけたため、初期の頃は「メダカの群れ」「金魚のフン」などと言われた[16]。1970年には、日本SFファングループ連合会議と共同で、米英ソから作家を招き、東京・名古屋・京都で「国際SFシンポジウム」を主催[3]

1980年から日本SF大賞、1999年から日本SF新人賞(2009年をもって終了)、2006年から日本SF評論賞(2014年をもって終了)を主催。

その他の活動には、1970年には、会員の手塚治虫がアニメ映画『クレオパトラ』を製作した際に群集のシーンの声で参加[17]2000年にクラブが編者となった初単行本のアンソロジー『2001』を、2001年早川書房から『SF入門』という共著書を出すなどの活動をしている[3]

2012年から、日本SF作家クラブ会員有志により運営されるネット・マガジン「SF Prologue Wave」が開始された。

2013年の「創立50周年」で「第2回国際SFシンポジウム」等の記念プロジェクトを実施。また、同年、筒井康隆らベテラン会員10数名が「名誉会員」に[18]

歴代会長・事務局長編集

会長 事務局長
- - 半村良
- - 大伴昌司
- - 高齋正
1 星新一 (1976~1977)
2 矢野徹(1978~1979) 眉村卓
3 小松左京(1980~1983) 筒井康隆
4 筒井康隆(1984~1985) 豊田有恒
5 豊田有恒(1986~1987) 田中光二
6 田中光二(1988~1991) 川又千秋
山田正紀
横田順彌
会長 事務局長
7 川又千秋(1992~1993) 高千穂遙
8 夢枕獏(1994~1995) 森下一仁
9 永井豪(1996~1999) 高千穂遙
10 大原まり子(1999/09~) 斉藤英一朗
11 神林長平(2001/09~) 嶋田洋一
12 山田正紀(2003/09~) 武田康廣
13 谷甲州(2005/09~) 東野司
14 高千穂遙(2007/10~) 久美沙織
15 新井素子(2009/10~) 井上雅彦
16 瀬名秀明(2011/10~) 増田まもる
17 東野司(2013/03~) 北原尚彦森岡浩之
18 藤井太洋(2015/09~) 森岡浩之→YOUCHAN
  • 括弧内は在任期間

入会資格編集

設立当初は親睦団体という性格が強く、新規入会は全会一致で承認された場合のみという会則が設けられていた[19]。そのため、後に会員となった荒俣宏は当初入りたくても入れなかったという[20]。現会員の高野史緒についても、2回の入会拒否があったという[21]

山田正紀会長時代の2005年に会則が改定され、3名以上の会員の推薦が有る場合に推薦文が事務局通信に掲載され、そこで異議申立てがなければ総会に諮られ、総会参加者の2/3以上の賛成で入会が認められる、という形になった[9]。また日本SF大賞受賞者には推薦不要で、いきなり総会で入会の可否が諮られる権利が与えられる[9]。ただ入会資格については、長年の運営の間に「プロとして一冊以上の単独著書がある」などの不文律が作られており、その経緯についても過去の議事録等が十分に整備されていないことから不透明な部分があるという[9]

主な入会拒否者・退会者編集

柴野拓美
クラブ発足時、同人誌『宇宙塵』を主宰しており、『SFマガジン』とともに当時の日本SFを牽引していたが、上述のような福島正実の意図により外されていた[22][23][24]。福島が死去した翌年の1977年に日本SF作家クラブが「宇宙塵創刊20周年を祝う会」を主催して功績を称え[3]、後に柴野は入会している。
山野浩一
日本のニュー・ウェーブSF運動を先導していたが思想の違いから再三の誘いを拒んだ[25]。のち2007年の世界SF大会の「speculative japan」パネルに出席し、翻訳家増田まもるが創設したサイト「speculative japan」の理念に賛同したことから、2008年1月に入会した[26]
川村哲郎斎藤守弘
創設時の会員だが、後に名簿から名前が消えた[27]
荒巻義雄
外部からSFの評論をしたいとして1985年から退会していたことがあった[28]
眉村卓
1992年から2008年まで退会していたことがあったという[29]
平井和正
1993年ごろに退会[30]し、そのまま2015年死去。同年第35回日本SF大賞功績賞を受賞。
若桜木虔
1997年ごろ推薦を受けたが、入会を拒否された[31]
野尻抱介
SFファンが選ぶ星雲賞の常連作家であるが、2011年10月にツイッター上で「何年か前の日本SF大賞があまりにくだらなかったので、私はSF作家クラブを退会した」と発言、同時にその年の日本SF大賞の最終選考に『魔法少女まどか☆マギカ』が残った事も批判している[32]。なお、同じく星雲賞の常連である笹本祐一も日本SF作家クラブ会員ではない。
瀬名秀明
2011年10月から16代会長だったが、2年の任期途中の2013年3月1日、日本SF作家クラブ会長職を辞任し、同時に日本SF作家クラブを退会した[33]。在任中にはSF作家クラブは「沈没」の運命にあると発言[34]、また後には日本のSFコミュニティに「いじめ」や「嫌がらせ」があり、自らの推薦による賞の受賞者がその被害にあう可能性があると発言した[35]
柾悟郎古川日出男森見登美彦円城塔
日本SF大賞受賞者だが、入会していない。なお、柾の妻である松尾由美も会員ではない。
大森望
2014年4月に日本SF大賞特別賞を受賞、その結果無推薦入会動議がクラブ総会にかけられたが、1/3以上の反対票により入会が認められなかった。これによりクラブ選考による賞は与えられたが入会を拒否されたという立場となった。大森は1992年にも同様に入会が却下されており、これらの経緯はすべて小谷真理および巽孝之との確執が原因とされた[9][36]。さらに、このような事が起こる一方で声優の池澤春菜を「ファン代表」のような形で入会させているのはおかしいという主張をするものもいた[37](なお実際には、池澤は2009年以降本の雑誌SFマガジンに書評エッセイ連載を持つ文筆家であり、会則通りの通常の手続きを経て入会している。また、入会翌年の2014年には単独著書として書評集を出版している)。これらの過程で「排他的体質」(東浩紀)、「サークルの雰囲気優先」(我孫子武丸)などと批判が続出し[38]牧野修菅浩江図子慧福田和代小川一水我孫子武丸倉阪鬼一郎森下一仁らが一斉退会するという事態に発展した[39]。(退会者のうち、牧野修は、2016年『月世界小説』で第35回日本SF大賞・特別賞受賞。)さらに、この事件の前後に、山田正紀堀晃東浩紀笠井潔横田順彌神林長平上田早夕里田中啓文らも退会していた(このうち山田・神林は元会長)。

「日本SF作家クラブ」名義の書籍編集

  • 『2001』 日本SF作家クラブ編, 早川書房 2000
  • 『SF入門』 日本SF作家クラブ編, 早川書房 2001
  • 『日本SF作家クラブ40年史: 日本SF作家クラブ40周年記念誌: 1963~2003』 日本SF作家クラブ, 2007
  • 『世界のSFがやって来た!!: ニッポンコン・ファイル2007: 第65回ワールドコン/第46回日本SF大会Nippon 2007』 日本SF作家クラブ編, 小松左京監修, 角川春樹事務所 2008
  • 『日本SF短篇50: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー』全5巻 日本SF作家クラブ編, 早川書房 2013 (ハヤカワ文庫 JA)
  • 『SF JACK』 日本SF作家クラブ編, 角川書店 2013 のち文庫
  • 『未来力養成教室』 日本SF作家クラブ編, 岩波書店 2013 (岩波ジュニア新書)
  • 『国際SFシンポジウム全記録: 冷戦以後から3・11 以後へ』日本SF作家クラブ編, 彩流社 2015
  • 『あしたは戦争: 巨匠たちの想像力[戦時体制]』日本SF作家クラブ企画協力 ちくま文庫 2016
  • 『暴走する正義: 巨匠たちの想像力[管理社会]』日本SF作家クラブ企画協力 ちくま文庫 2016
  • 『たそがれゆく未来: 巨匠たちの想像力[文明崩壊]』日本SF作家クラブ企画協力 ちくま文庫 2016

脚注・出典編集

  1. ^ 福島正実『未踏の時代』早川書房、1977年、79頁。
  2. ^ ひかわ玲子「ファンタジー」『SF入門』日本SF作家クラブ編著、早川書房、2001年、121頁。
  3. ^ a b c d e f 巽孝之「日本SF作家クラブ気質考」『S-Fマガジン』2013年1月号、pp.10-18
  4. ^ ETV特集 21世紀を夢みた日々 ~日本SFの50年~』NHK教育、2007年10月21日放送。
  5. ^ 小松左京『SFへの遺言』光文社、1997年、113頁。
  6. ^ 小松左京『SF魂』新潮社新潮新書、2006年、71頁。
  7. ^ 最相葉月『星新一 1001話をつくった人』新潮社、2007年、311-319頁。
  8. ^ 『未踏の時代』79頁。
  9. ^ a b c d e 2013年の終わりに際して(その2) - 瀬名NEWS・2013年12月29日
  10. ^ 発足人の中に競馬好きの石川喬司がいたため
  11. ^ のちに身長186cm の鏡明の入会により改正を余儀なくされた
  12. ^ 小松左京「落語とSFの意外な関係」asahi.com 2006年8月11日
  13. ^ 小松左京『SFへの遺言』光文社、1997年、114頁。
  14. ^ と学会『と学会年鑑BLUE』太田出版、2003年、315頁。
  15. ^ 『未踏の時代』80頁。
  16. ^ ETV特集 21世紀を夢みた日々 ~日本SFの50年~』NHK教育、2007年10月21日放送。
  17. ^ 小松左京「アトムは機械仕掛けのロボットというものを心の優しい愛すべきものという概念に変えた」『鉄腕アトム コンプリートブック』霜月たかなか・司田武己編著、メディアファクトリー、2003年、118頁。
  18. ^ 2014年12月に公開された規約によると「満年齢で六十五歳の誕生日を過ぎたときは本人の申告により名誉会員となることができる。」とある。http://sfwj.jp/about/
  19. ^ なお、この規約についても「福島正実が柴野拓美を入会させないために設けた」という説がある。長山靖生『日本SF精神史』(河出書房新社)P.201
  20. ^ 『星新一 1001話をつくった人』392頁。
  21. ^ http://takanodiary.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/sf-8cb5.html
  22. ^ 『未踏の時代』75-78頁。
  23. ^ 「宇宙塵四十年史」編集委員会編『塵も積もれば』出版芸術社、1997年、70頁
  24. ^ 『星新一 1001話をつくった人』434頁。
  25. ^ 筒井康隆「72年度版解説」『'72日本SFベスト集成』筒井康隆編、徳間書店1976年、319頁。
  26. ^ http://yamanoweb.exblog.jp/8086804/
  27. ^ 斎藤について、伊藤典夫は『日本SF作家クラブ40年史』のp.19で「不動産で失敗したかなんかで新聞ダネになって消えちゃった」と語っている。
  28. ^ 筒井康隆『日日不穏』中央公論社、1987年、27頁、41頁、152頁。
  29. ^ 京都SFフェスティバル2008でのインタビュー
  30. ^ 七月鏡一原作、藤原芳秀原画『ジーザス 1』(小学館漫画文庫, 2003.1)の巻末エッセイで平井和正は「SF作家クラブも十年前に退会した」と書いている
  31. ^ 最後のSF作家クラブ批判 小説家:青山智樹の仕事部屋 1999年3月25日
  32. ^ http://twilog.org/nojiri_h/date-111031
  33. ^ お知らせ 瀬名NEWS 2013年3月1日
  34. ^ 日本SF作家クラブ 瀬名NEWS 2013年02月28日
  35. ^ 思ったこと 瀬名NEWS 2013年11月24日
  36. ^ SF作家クラブの退会も視野に入れています 高野史緒blog 2014年5月23日
  37. ^ SF作家クラブにおける池澤春菜問題について 高野史緒blog 2014年5月23日
  38. ^ 『日本のSF厳しい現実 海外でウケても本が売れない』 朝日新聞 2014年5月21日
  39. ^ 日本SF作家クラブが大森望氏の入会を拒否→そのことに不満を持った作家が一斉に退会を表明 - くまニュース・2014年4月26日

外部リンク編集