メインメニューを開く

日東ベスト

日東ベスト株式会社(にっとうベスト)は、業務用冷凍食品を製造・販売する企業。また、缶詰も製造しており、国産のコンビーフ缶詰を開発したメーカーでもある。川商フーズの「ノザキのコンビーフ」の製造委託先である。本社は山形県寒河江市

日東ベスト 株式会社
NittoBest Corporation
日東ベスト本社
本社社屋
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
991-8610
山形県寒河江市幸町4番27号
設立 1948年7月16日
業種 食料品
法人番号 6390001011877
事業内容 冷凍食品・日配食品・缶詰・袋詰
その他食料品の製造販売
畜産物の加工販売業
代表者 代表取締役会長 内田淳
代表取締役社長 大沼一彦
資本金 14億7463万3千円
(2014年3月31日現在)
発行済株式総数 12,102,660株
(2014年3月31日現在)
売上高 連結:492億5,192万8千円
単独:493億4,641万8千円
(2014年3月期)
純利益 連結:1億5,897万円
単独:1億1,521万4千円
(2014年3月期)
純資産 連結:107億757万1千円
単独:97億8,276万円
(2014年3月31日現在)
総資産 連結:319億9,513万円
単独:309億4,616万円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結:1,077名
単独:954名
(2014年3月31日現在)
決算期 3月末
会計監査人 新日本有限責任監査法人
主要株主 日東ベスト取引先持株会 8.50%
(有)ウチダ・コーポレート 7.77%
日東ベスト従業員持株会 7.10%
農林中央金庫 4.99%
山形銀行 4.95%
(株)ウチダ・ホールディングス 4.35%
(2014年3月31日現在)
外部リンク www.nittobest.co.jp
テンプレートを表示

目次

概要編集

創業当時は、農産加工、販売を目的として設立された。業務用冷凍食品業界7位。学校給食として人気の高いチーズクレープ製造販売元。

山形県寒河江市の寒河江工場(1964年竣工)は、まだ駆け出しだった黒川紀章の設計であり、設計料は200万円だった。これがきっかけで、黒川は寒河江市庁舎(1967年竣工)の設計も行った。

2008年9月14日放送の『熱血!平成教育学院』の“工場見学”コーナーでは、コンビーフの製造工程が出題されている。

沿革編集

  • 1937年 - 日東ベストの前身である「日東食品株式会社」を神奈川県横浜市に設立。横浜工場を横浜市に寒河江工場を寒河江市に建設。
  • 1942年 - 「戦時企業整備令」が出され、寒河江工場を山形県合同食品会社に、横浜工場を神奈川県合同食品会社へ、それぞれ合併分離。
  • 1948年 - 寒河江工場が山形県合同食品会社より、分離独立し、東京都中央区に「日東食品製造会社」を設立。
  • 1949年 - 西村山郡山形県寒河江町(現・寒河江市)に本社移転。
  • 1950年 - 国産のコンビーフ缶詰を開発。
  • 1994年 - 日東グループ7社が合併し「日東ベスト株式会社」に商号変更。
  • 1996年 - 日本証券業協会(現:JASDAQ)に上場。
  • 2011年 - 寒河江市からの委託によって学校給食センターを開設。
  • 2014年 - 山形市の旧日立工機山形の敷地と建物を買収。山形工場を新設[1]

関連会社編集

連結子会社編集

  • 九州ベストフーズ株式会社
  • 関西ベストフーズ株式会社

持分法適用関連会社編集

  • 日東アリマン株式会社

諸問題編集

脚注編集

外部リンク編集