メインメニューを開く

日比野 恵子(ひびの けいこ、1933年7月7日[1] - )は、日本女優。初代の山本富士子に続く二代目のミス日本であった[2]

ひびの けいこ
日比野 恵子
生年月日 (1933-07-07) 1933年7月7日(86歳)
出生地 日本の旗 日本
職業 女優

出演作品編集

  • 女舞(茜)
  • 真昼の罠(陽子)
  • 最後の切札(小宮田鶴子)
  • 鑑賞用男性(原理恵)
  • しかも彼等は行く(佐渡先生)
  • 恋の片道切符(田島久子)
  • 痛快なる花婿(和子)
  • わかれ(俊子)
  • ふるさとの風(吉野幸江)
  • 太陽に背く者
  • 風のうちそと(庄司品子)
  • 人形佐七捕物帖 腰元刺青死美人(お蝶)
  • 新日本珍道中
  • 人形佐七捕物帖 浮世風呂の死美人(洗い髪のお絹)
  • 色競べ五人女(およし)
  • 人形佐七捕物帖 花嫁殺人魔(お粂)
  • 危し!伊達六十二万石(浅岡)
  • 鏡山誉の女仇討(お初)
  • 幽霊沼の黄金(天花院お花)
  • 美男剣競録(小春)
  • 風雲天満動乱(お網)
  • 日米花嫁花婿入替取替合戦(沖山真理子)
  • 若君漫遊記 伏見稲荷の大仇討(お吉)
  • 風雲急なり大阪城 真田十勇士総進軍(お近)
  • 人形佐七捕物帖 妖艶六死美人(お粂)
  • 剣豪相馬武勇伝 桧山大騒動(お千代)
  • 金語楼の雷社長(五十嵐浪子)
  • 快傑修羅王(天人お島)
  • 検事とその妹(矢島明子)
  • 駈出し社員とチャッチャ娘(横田直子)
  • 背広さんスカートさん(青木恋子)
  • 若人のうたごえ(夏川京子)
  • 息子一人に嫁八人(北村富美子)
  • 黒帯無双(早苗)
  • 柔道流転(小野早苗)
  • 三等社員と女秘書(北村社長の嬢ルリ子)
  • 花真珠(香川朝子)

脚注編集

  1. ^ 『芸能人物事典 明治大正昭和』日外アソシエーツ 489頁 ISBN 9784816915130
  2. ^ 読売新聞社 (1955年12月1日). “読売新聞八十年史”. 渋沢社史データベース. 2016年7月5日閲覧。

外部リンク編集