日河比売(ひかわひめ)は日本神話に登場する女神

日河比売

神祇 国津神
全名 日河比売
神格 水神
淤迦美神
配偶者 布波能母遅久奴須奴神
深淵之水夜礼花神
テンプレートを表示

概要編集

古事記』にのみ登場する神で、水神である淤迦美神の娘。

「日」はヒと読み、「霊」「氷」「檜」などの借訓、「河」は正訓で河川の意、「命」がないのは巫女性を表すと解し、名義は「霊的な川に奉仕する巫女」とする説や、「氷川」と同じかとして諸国の氷川神社と関連づける説がある。また親神の淤迦美神や、子孫の深淵之水夜礼花神淤美豆奴神と同じく、水にまつわる神と考えられている[1]

系譜編集

 
須佐之男命から大国主神までの系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神

淤迦美神の娘で、八島士奴美神の子布波能母遅久奴須奴神との間に深淵之水夜礼花神を生んでいる。

参考文献編集

  1. ^ 國學院大学 古事記学センター 日河比売

関連項目編集