メインメニューを開く

ダットサン・キャブライト

日産・キャブライトから転送)

キャブライトCABLIGHT)は、かつて日産自動車で製造され、ダットサンブランドで販売されていた小型トラックバンである。

歴史編集

初代 A20型(1958年-1961年)編集

 
初代キャブライト
1958年昭和33年)8月登場。コンセプトは、先行して1954年(昭和29年)から生産され、小型トラック市場で大成功をおさめていたトヨタ自動車トヨエースに追随したもので、既存のボンネット型ダットサントラック120型シャーシサイドバルブ直列4気筒エンジンを流用しつつ、簡易なセミ・キャブオーバー型キャビンと、ボンネット型車より若干長い荷台を乗せるという、トヨエースと全く同じ手法を使っていた。
トヨエースに比べてエンジンが小排気量・旧式であり(トヨエース=S型1,000 cc・3ベアリング、キャブライト=860 cc・2ベアリング)、性能面・耐久性での見劣りは否めず、販売実績は不調であった。
当初は、1957年(昭和32年)に220型へのモデルチェンジで価格が上昇したダットサントラックより車格が下という位置づけであり、シートはパイプ椅子のような構造で助手席側のワイパーが手動式、燃料計が無く、助手席の後ろから棒を挿して残量を確認する方式だった。これもまたトヨエースを後追いしたような内容であった。


2代目 A120/122型(1961年-1964年)編集

1961年3月登場。
1962年マイナーチェンジ。これまでのSVヘッドを用いた直列4気筒のガソリンエンジン(860cc)からOHVヘッドを用いた直列4気筒のガソリンエンジン(D10型・1046cc)に変更。A122型となる。

3代目 A220/221型(1964年-1968年)編集

 
3代目
キャブライト 1150 トラック
1964年3月登場。
1966年マイナーチェンジ。エンジンをこれまでのD10型からD11型(直4・OHV・1136cc)に変更。A221型となる。
1968年3月モデルチェンジキャブスターへ車名を変更。

関連項目編集