日産・リベルタビラ

ウィキペディアの曖昧さ回避ページ

リベルタビラLIBERTA VILLA)は、1982年から1990年まで日産自動車日本国内向けに製造・販売していた小型乗用車パルサー日産店向け姉妹車にあたる。車格は違うが、同じ販売系列のバイオレットリベルタからリベルタの名を受け継いだ。

日産・リベルタビラ
Nissan Liberta Villa Sedan N13.jpg
2代目 1988年10月改良型
販売期間 1982年-1990年
製造国 日本の旗 日本
ボディタイプ 4ドアセダン(初代-2代目)
3ドアハッチバック(2代目)
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
先代 日産・バイオレットリベルタ
後継 4代目日産・パルサーに統合
テンプレートを表示

登場の背景編集

発売の背景には、取扱販売チャネルの日産系販売会社(ブルーバード販売会社)において基幹車種であった「ブルーバード」と、その下級車種にあたる「バイオレット」の関係があった。ブルーバードは1979年、910型へのフルモデルチェンジにより610型U後期型から先代の810型まで搭載していた2L・6気筒エンジンを廃止、4気筒エンジンのみのラインナップとなり本来の小型ミドルカークラスに原点回帰。一方のバイオレットは1981年FF化されて「バイオレットリベルタ」としてモデルチェンジするものの、同じ日産店での取扱車種である910型ブルーバードと車格が近いために競合していたこと、エクステリアやパッケージングの不評、そして当時は技術面で発展途上にあったFFであったことから、販売台数は日産の意に反して低迷する事態となってしまう。そこで日産は販売店サイドの要請もあり、競合しない1つ下の「サニー」「パルサー」クラスの車種として、1982年にパルサーの姉妹車である本車種を投入する。

初代 N12型系(1982年-1986年) 編集

日産・リベルタビラ(初代)
N12型系
1982年6月発売型 SSSターボ
販売期間 1982年6月 - 1986年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン E15ET型 1.5L 直列4気筒 ターボ EGI
E15E型 1.5L 直列4気筒 EGI
E15S型 1.5L 直列4気筒 キャブレター
CD17型 ディーゼル1.7L 直列4気筒
駆動方式 前輪駆動
変速機 3速AT / 4/5速MT
全長 4,120mm
全幅 1,620mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,415mm
車両重量 820kg
販売店 日産系販売会社(ブルーバード販売会社)
データモデル 1500GF-E 5速MT(1982年)
先代 日産・バイオレットリベルタ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 1982年6月 - ハッチバックのみであったパルサー/ラングレー兄弟のセダンとして登場。販売店にとっては短命に終わったバイオレットリベルタの後継的存在となる。リベルタビラの登場と同時に既存のバイオレットリベルタはそのまま販売終了となった[1]ハッチバックはなく、4ドアセダンのみであった。パルサーにあった1.3Lの設定はなかった。発売当初のCMには、当時レパードおよびブルーバードのCMに出演中の加山雄三沢田研二を起用した事で話題となった。
  • 1983年5月 - 低速域から作動する1500ターボE15ET)を発売。グレードはSSSターボであった。ブルーバード販売会社で扱うことからブルーバードの弟分というイメージが強かった(同様にラングレーはスカイラインの弟分という位置付けがなされた)。
  • 1984年5月 - マイナーチェンジでフロント/リヤまわりのフェイスリフトを実施。既存の1.5GF-Eはスポーティ志向になりSSS-Eに改称。
  • 1986年4月 - パワーステアリングAM/FMラジオ&カセットステレオフルドアトリムを装備したモデル末期のお買い得仕様のFCエクストラを追加。同年5月にパルサーがN13にフルモデルチェンジした後もリベルタビラは10月までN12を継続販売。


2代目 N13型系(1986年-1990年) 編集

日産・リベルタビラ(2代目)
N13型系
1986年10月発売型 ハッチバック
1988年10月改良型 セダン
販売期間 1986年10月 - 1990年8月
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
3ドアハッチバック
エンジン CA16DE型 1.6L 直列4気筒 DOHC
E15E→GA15E型 1.5L 直列4気筒
E15S→GA15S型 1.5L 直列4気筒
CD17型 ディーゼル1.7L 直列4気筒
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
変速機 3/4速AT / 4/5速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラットコイル
後:ストラットコイル
全長 4,255mm
全幅 1,655mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 1,040kg
データモデル セダンSSSツインカム 5速MT(1986年)
後継 パルサー(4代目)に統合
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 1986年10月 - 登場。ボディは4ドアセダンと3ドアハッチバックの2種類。パルサーが先にモデルチェンジされ、後からラングレーと同時にモデルチェンジされた。このモデルから3ドアハッチバックがラインナップに加わり、販売戦略上はこちらをメインにした。燃費のための軽量化よりもハード面や品質面を重視し、パルサーとともに日産初の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞する。エンジンは初代同様に1.5Lガソリンと1.7Lディーゼル。1.5Lターボに代わって1.6Lツインカムが用意された。ハッチバックには女性仕様車も設定された。
  • 1987年1月 - セダンに四輪駆動車を追加。
  • 1988年10月 - マイナーチェンジで1.5LのエンジンをE型から12バルブのGA型に変更すると同時にフェイスリフトも行われた。CM出演者は江本孟紀
  • 1990年8月 - 販売終了。パルサーがN14型にフルモデルチェンジされると同時に、リベルタビラは消滅した。この時期の日産は販売店の統廃合(チェリー店をプリンス店に統合)が進められ、車種整理をしていた時期でもあった。また、3ドア車に関しては外観が当時のトヨタ・カローラレビンに類似していたため、間違われることもあった。


脚注編集

  1. ^ 『GEIBUN MOOKS No.419 70年代の名車たち PART2』(芸文社2003年11月10日発行、ISBN 4-87465-674-9)のp.38-p.41でA10バイオレット(2代目バイオレット)が紹介されているが、この記事の中のバイオレットに関する解説文でも「後にバイオレットリベルタに、さらにリベルタビラとなってバイオレットは消滅した」との一文があり、バイオレットリベルタの販売終了とリベルタビラの登場が同時だったことやバイオレットリベルタ・リベルタビラともに車名に「リベルタ」が使用されたこともあって一般的には「リベルタビラはバイオレットリベルタの後継車」「バイオレットリベルタがフルモデルチェンジされて1クラス下のリベルタビラとなった」と考えられている。

車名の由来編集

リベルタはイタリア語自由独立を、ビラはイタリア語で別荘公園田舎を表している。

関連項目編集

外部リンク編集