メインメニューを開く

日真名氏飛び出す(ひまなしとびだす)は、日本のテレビドラマラジオ東京テレビ(KRT、現:TBS)1955年昭和30年)4月9日に放送を開始した、同局最初の連続ドラマである[1]。また、連続ドラマにレギュラースポンサーかつ一社提供スポンサーがついた最初のテレビ番組でもある。

日真名氏飛び出す
ジャンル テレビドラマ
出演者 久松保夫
制作 ラジオ東京テレビ→TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1955年4月9日 - 1962年7月14日
放送時間 放送時間参照
回数 382

特記事項:
TBS制作によるテレビドラマ第1号。
テンプレートを表示

目次

概要編集

当初、プロデューサー格である電通岡田三郎は、ニュースショーのような番組を企画していたが、映画評論家双葉十三郎と相談した結果、「サスペンス調のアクションものをやろう」という運びになった[1]。双葉の原案や斎藤豊吉らの脚本により、世界観にユーモアが加えられた。

タイトルは戦前の米国映画『悪魔が飛び出す』と、「暇な奴」をもじったもの[1]

テレビドラマ創生期において、テレビドラマは映画業界から「電気紙芝居[2]」と蔑まれ、テレビ局にとって俳優のキャスティングは困難な環境下にあった[2]。制作にあたって、スタッフは東宝の脇役・久松保夫および文学座高原駿雄という、一般的に無名だった2人を主演に起用した。

同作は久松演じる日真名の明るいキャラクターが受け、推理小説ブームを背景に人気を高め[2]、70%前後[要出典]の高視聴率を記録した。

放送期間・時間編集

1955年4月9日から1962年7月14日まで

  • 毎週土曜日 21:10 - 21:40(1955年4月9日 - 1956年3月31日)
  • 毎週土曜日 21:15 - 21:45(1956年4月7日 - 1960年4月30日)
  • 毎週土曜日 21:30 - 22:00(1960年5月7日 - 1962年7月14日)

スポンサー編集

製薬会社の三共(現在の第一三共及び第一三共ヘルスケア)の一社提供。

作中に、ドラッグストアを模したセット[1]の場面が組まれ、そこで作中人物が三共の栄養ドリンクを飲む、という内容の生コマーシャルが行われた[2]

キャスト編集

スタッフ編集

音楽編集

  • 「日真名氏飛び出す」のテーマ
    作曲 - 水藻秀男

制作局以外のネット局編集

内容編集

あらすじ編集

カメラマンの日真名進介と助手の泡手大作が、素人探偵として事件を解決していく。

サブタイトル編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 志賀信夫『テレビ番組事始 創生期のテレビ番組25年史』NHK出版、2008年
  2. ^ a b c d 『テレビ史ハンドブック 改訂増補版』自由国民社、1998年 p.20
  3. ^ 1958年10月25日 信濃毎日新聞 テレビ欄
ラジオ東京テレビ(KRT、現:TBS)系列 土曜21:10 - 21:40(21:15 - 21:45)枠
(1955年4月9日 - 1960年4月30日)
前番組 番組名 次番組
(開局前)
日真名氏飛び出す
ナイター中継枠(20:00 - 21:30)
日真名氏飛び出す(21:30 - 22:00)
ラジオ東京テレビ(KRT、現:TBS)系列 土曜21:30 - 22:00 枠
(1960年5月7日 - 1962年7月14日)
日真名氏飛び出す(21:15 - 21:45)
JNNニューススポーツニュース(21:45 - 22:00)
日真名氏飛び出す