日立ホーム&ライフソリューション

日立ホーム&ライフソリューション(ひたちホーム&ライフソリューション)とは、東京都港区日立グループ家電等の開発、設計、製造を行っていた会社である。

概要編集

2002年4月に日立製作所の白物家電の製造拠点の3事業所(茨城県日立市栃木県下都賀郡大平町(現・栃木市)、東京都青梅市)が独立し創立。社長には瀬端久仁雄が就任。資本金は250億円(日立製作所100%)。 エアコン冷蔵庫洗濯機掃除機などの白物家電が主力製品だが、業務用の給湯器等も扱っていた。また、デジタルカメラなど価格競争が激しい分野の商品は、海外からのOEM調達も行っていた。

それにともない柏工場は閉鎖した。

2003年4月、照明事業部門が、日立ライティング機器株式会社、日立照明株式会社を統合し日立ライティングとして独立。

2004年10月1日に同グループの日立ホームテックを統合。

2006年4月1日に日立ホーム&ライフソリューションと同グループの業務用空調会社の日立空調システムが合併し、日立アプライアンス(資本金200億円)が発足(存続会社は日立空調システム)し、業務が引き継がれた。合併後の社長には日立空調システム社長・石津尚澄が就任、非常勤取締役に日立ホーム&ライフソリューションの石垣忠彦社長が就任した。

参考文献編集

外部リンク編集