メインメニューを開く

日米追加条約(にちべいついかじょうやく)は、1857年6月17日安政4年5月26日)、アメリカ総領事であるタウンゼント・ハリスと当時の下田奉行井上清直中村時万が結んだ全9か条の条約。日本とアメリカ合衆国との間で1854年3月31日嘉永7年3月3日)に結ばれた日米和親条約を修補する目的で結ばれた。別名、下田協約

日米追加条約
通称・略称 下田協約
署名 1857年6月17日
(162年前) (1857-06-17(安政4年5月26日
ウィキソース原文
テンプレートを表示

主要内容編集

この条約では、長崎に新たに港を開けることやアメリカ人の下田・箱館(現在の函館)居留を許可すること、またアメリカと日本の貨幣を同種同重量(金は金、銀は銀)で交換し、日本は6%の改鋳費を徴収することなどが定められた。この条約に書かれた領事裁判権は1858年7月29日(安政5年6月19日)に結んだ日米修好通商条約にも受け継がれた。

参考資料編集