メインメニューを開く

イオン日米野球2006英語: AEON All-Star Series 2006 NPB vs. MLB )は、日本野球機構(NPB)とメジャーリーグベースボール(MLB)の選抜オールスターチームが2006年に日本で対戦した日米野球。同年をもって一旦休止となる[1]

概要編集

試合日程編集

伊藤ハムプレゼンツ・親善試合
※巨人が一塁側・後攻め。MLBオールスターズが三塁側。
イオン日米野球・NPBオールスターズvs.MLBオールスターズ
※全試合ともMLBオールスターズが三塁側、NPBオールスターズが一塁側。第1、3、5戦はMLBオールスターズ、第2、4戦はNPBオールスターズが後攻め。
※延長13回までで同点の場合引き分けとするが再試合はしない。

賞金編集

イオン日米野球5試合において勝ち越したチームに対しその勝利度数により賞金を贈る。

  • 3勝:1億円
  • 4勝:1億2000万円
  • 5勝(全勝):1億4000万円

出場メンバー編集

始球式編集

試合結果編集

  • 親善試合 △巨人 7-7 MLB△
  • 第1戦:●NPB 2-3 MLB○
  • 第2戦:●NPB 6-8 MLB○
  • 第3戦:●NPB 4-11 MLB○
    MLBオールスターズが3連勝で、同大会の勝ち越しが決定した。
  • 第4戦:●NPB 2-7 MLB○
  • 第5戦:●NPB 3-5 MLB○
    72年ぶりにMLBチーム勢が全勝。

中継編集

脚注編集

  1. ^ かつては隔年開催も…日米野球は“不要”なのか ベースボールキング (2016年11月16日) 2016年12月1日閲覧
  • イオン日米野球2006公式プログラム(月刊メジャー・リーグ11月号増刊) 読売新聞社発行、ベースボール・マガジン社発売

関連項目編集

外部リンク編集