日置家

日置家(ひおきけ)は、薩摩国守護大名島津氏の分家。

目次

概要編集

島津宗家15代当主島津貴久の三男島津歳久を祖とする系統。本来は薩摩の祁答院(現・鹿児島県さつま町宮之城)を本拠としていたが、歳久の娘婿である島津忠隣根白坂の戦いで戦死して歳久に先立ち、その歳久も梅北一揆の首謀者との嫌疑で豊臣秀吉より自害を被ると、歳久夫人と忠隣夫人は処分を不服として忠隣の嫡男常久を擁して虎居城に立て籠もった。約一ヶ月の籠城の末、歳久夫人らは開城、常久成人の暁には旧領へ戻す約束をして入来院重時与りとなり清敷城に住んだ。その後、常久には文禄元年(1592年)に塔之原(現・鹿児島県薩摩川内市樋脇町)300石、更に文禄4年(1595年)に日置(現・鹿児島県日置市日吉町日置)3,600石が下賜されたのであるが、常久は日置へ移住、以後より日置島津家を称するようになった(その後、旧領の一部である船木に加え、黒木や藺牟田なども賜る)。

4代久慶が死去した折に、その養子であった久予(後の久憲)の讒言により、久慶は系図より一時名前を削られ、日置家の所領も東郷(現・鹿児島県薩摩川内市東郷)のみとされる。しかし、寛文元年(1661年)に5代忠朝へ日置500石が加増され、延宝8年(1680年)、6代忠竹の頃に日置へ再び移住し復帰が成った。

江戸時代、5代藩主(宗家22代)島津継豊の頃に家格整備が行われると、日置家の宗家は薩摩藩に於いて一所持、忠竹の弟の久近を祖とする清太夫家、および忠竹の子の久英が興した山岡氏寄合衆家格とされた。江戸時代の庶家には先述の山岡氏の他に赤山氏がある。偏諱は次男までは「久」の字、また清太夫家と山岡氏も嫡男のみが「久」の字、それ以外は「歳」の字とされたが、山岡氏のみは嫡男以外は「英」の字とされた。

歴代当主編集

  1. 島津歳久(宗家15代島津貴久の三男)
  2. 島津忠隣薩州家島津義虎の三男、歳久の娘婿)
  3. 島津常久
  4. 島津久慶(死後、養子久予の讒言により、一時日置家の系図より削られる)
  5. 島津忠朝(忠心とも。初代薩摩藩主(宗家18代)家久の12男。桂氏を継いでいたが日置当主に)
  6. 島津忠竹(忠興・久竹とも)
  7. 島津久健
  8. 島津久林
  9. 島津久甫
  10. 島津久暢
  11. 島津久知(久尹とも。兄の久典(後の島津貴品)が垂水家を継いだため家督)
  12. 島津久風
  13. 島津久徴
  14. 島津久明
  15. 島津繁麿(久明の弟歳寛の嫡男)
  16. 島津久欣
  17. 島津晴久

略系図編集

太字は当主。実線は実子、点線は養子。[ ]は、その氏の祖を意味する。
島津貴久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義久 義弘 歳久1 家久
 
 
 
 
忠隣2
 
 
 
 
常久3
 
 
 
 
久慶4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久予 忠朝5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠竹6 [清太夫家]
久近
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久健7 歳政 久辰 [山岡氏]
山岡久英
久富 平田宗恒
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久林8 久書 久柄 久芳 久丘 藤之進 久張 久品
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久甫9 久田 行定
 
 
 
久暢10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久典 久知11
 
 
 
 
 
 
久風12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久徴13 [赤山氏]
赤山靭負
田尻務 桂久武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久明14 歳寛 畠山久祐 常五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
繁麿15 珍麿 菊麿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久欣16 久昭 勝年 隆臣
 
 
 
晴久17

参考文献編集